サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Mizさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

Mizさんのレビュー一覧

投稿者:Miz

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本神様のカルテ 1

2015/09/05 18:51

読んでいる間は心熱く、読み終わると何故か清々しい気持ちになる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この小説を初めて読んだのは4年くらい前だったと思う。医療モノの小説を初めて読んだ。
読もうと思ったのは(恥ずかしいことかもしれないが)、表紙の絵とタイトルに惹かれてだったと思う。自分好みの絵だったので思わず買ってしまった。
しかし、実際、読み始めてみるとまさに、本の世界に引き込まれるようだった。この物語は、現実の、医療現場の話であって、突拍子のない世界観でも、驚くようなアクションのある小説でも全くないのだが、当時の私はかなりの衝撃を受けた。
信州の豊かな自然、地酒、支え合う夫婦、そして、主人公一止の苦悩する姿ーー。一止と共に、医者としての不甲斐なさ、やるせなさ、残酷とも言える現実に対しての悲しみ、結論の出ない気持ちを感じつつ、読み終えた後になんとも言えぬ清々しさを感じたのは初めてであった。人間臭くも、スッと心の中に入ってくる作品である。

それ以来、新作が出るたびに買うようになった。余談だが、これを読んで夏目漱石の本にも手を出すようになった。ある意味、二重で楽しめる作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示