サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. hikeさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

hikeさんのレビュー一覧

投稿者:hike

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本ステノグラフィカ

2015/09/12 15:00

職業物BLの金字塔

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

素晴らしいの一言に尽きる。ページを繰る手間も惜しいほど続きが気になり、読み応えがあった。劇中に登場する老人は、物語の鍵になるだろうとにらんでいたが、案の定。後半で主人公が面会する女性が格好良かった。職業物BLの金字塔である。ほとんど知られていない国会速記者という職業が分かりやすく描かれ、己の愚かさを自覚した新聞記者という人物も説得力がある。ずっと手元に置いておきたい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本きょうの日はさようなら

2016/02/04 16:38

まぎれもなく傑作であるが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1995年からタイムスリップしてきたセーラー服の美少女、今日子。ファミコン、ソックタッチ、MDなど当時の風俗が思い出されて大変面白かった。
引っかかった点がある。この作者はおっさんを描写する視点が甘すぎる。主人公きょうだいの父親や、今日子の初恋の相手で現在は百貨店バイヤーの男性などの表現にそう感じた。もっと容赦なく暴き立ててほしい。そこが不満。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アイズオンリー

2015/09/12 15:02

希有な表現者、一穂ミチ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作家の出している作品を全て読みたいと思わせてくれる。一穂ミチはそのように希有な表現者の一人である。アイズオンリー、この本もまた傑作だった。二十年近い時を経て運命的な再会を果たした二人、体の関係を結んでもなお打ち明けられない秘密を抱える主人公。そんな彼を保護者として見守る叔父の存在もとても良い。挿絵もやわらかく上品でぴったり。明日に向けて元気になれる物語である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ナイトガーデン

2015/09/12 13:48

攻の特異な性格。その男はやめとけ! と言いたくなる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

発売当時に読み、その時はさして印象に残らなかった作品である。前日譚として「ふったらどしゃぶり」という作品があると知り、そちらを読んだらとても面白かった。メインキャラクターの一人が登場する作品として「ナイトガーデン」を読み返した。彼らの背景について知った上で読むとより理解が深まったが、感動するというよりは心配になった。受よ、そんな相手と生涯を共にすると誓って大丈夫なのか、君のように素直でいい若者なら、もっといい人が見つかるぞ……と。物語としては面白いが、メインカップルの未来を手放しで応援する心境にはなれない小説だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本世界の半分

2016/02/04 16:06

ハッピーエンドだが、そんなに都合良くいくか? と疑問

3人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

攻めと受け、二人が立たされている苦境から脱出する描写があっさりしすぎていて物足りない。女装をやめて男の愛人として攻めのそばにいられるようになったから受けはハッピーという展開は疑問が残る。結局この世界の半分を占める女性がつらい立場であることには変わりが無いわけだ。ベテラン作家で、女性の人権への感覚が古いのは仕方がないのかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示