サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. goronoiseさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

goronoiseさんのレビュー一覧

投稿者:goronoise

2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍ワールドトリガー 1

2016/01/02 16:01

電子書籍版も安心してください

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

友人から借りて読んでハマッたので、自分でも欲しくなり購入。

不安だったのは、電子書籍版の9巻まではカバーの下のおまけが付属してないという話を聞いたこと。

2015年12月、とりあえず電子書籍版1巻だけ購入してみました。
朗報です。
現在ではおまけ(Extra Pages)が付属しております!

これで安心して電子版で揃えられます。

内容はすでに皆さんが評されているとおり。
“持ってない”主人公(の一人)がいかに勝ち進んでいくか、巻を重ねるに連れ魅力が増大していきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

丹念な本格ミステリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

白石イアイ巡査(と、松谷警部)を主人公とするシリーズの第一作です。

白石巡査の口調に、松谷警部が感慨深げにこんなことを言います。
「刑事になりたてのころ、やっぱり一緒に仕事をした女の子で、頭の切れるすごい子がいたんだよね。もう二十年近く前になるなあ」(本書35ページ)

もちろんその「すごい子」は登場しませんが、初期平石作品をお好きな方はニヤッとするシーンでしょう。

現在3作目まで発表されているこのシリーズ、それぞれ独立している謎解き作品です。
なので「三鷹」や「三ノ輪」から読み始めることも可能ですが、白石巡査と松谷警部が初めて現場で顔を合わせるシーンがあるこちらから手を伸ばしてみることをお勧めいたします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示