サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. nyaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

nyaさんのレビュー一覧

投稿者:nya

9 件中 1 件~ 9 件を表示

電子書籍3月のライオン(12)

2016/11/07 16:08

続きが気になる!!!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

12巻はとにかく笑わせてもらいました。
川本家の3姉妹もみんな笑顔で、前回までは妻子捨男祭りで、暗い話が続きましたが、ようやく明るい前向きな話に・・・
滑川さんのはとぽっぽまでも笑って読める余裕がありました。
あかりおねいちゃんの伴侶は誰に・・・(笑)
続きがとっても気になります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定無料】働きマン(1)

2016/11/07 16:38

久しぶりに

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

菅野美穂さんのドラマも良く、作品のクオリティも高く、今更ながらに安野モヨコさんは時代の先を読むのがすごいと感じました。モヨコさんがお休みしていた時に、何か雑誌で「週刊誌の時代ではなくなってきた」的な話をしていらした気がしますが、今や文春さんの好期なので、これを機にぜひ続編が読みたいな、と密かに願っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍Papa told me【期間限定無料】 1

2016/12/12 20:23

懐かしい思い出

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私自身が主人公の知世ちゃんに似た環境でした。
サラリーマンの父との二人暮らし。(母は他界)
こんなにおしゃれな毎日でもないし、父は身長は180あったけど、もう髪が危なくなってたなーなんて、少し置き換えながら読みました。

父は亡くなった母が大好き、私は父から母との思い出でよく聞いて育ち、父が大好き。
知世ちゃんが思わず他の子に嫉妬したりする気持ちが痛いくらいわかりました。

自分の幼い頃の懐かしい思い出を振り返るような気持ちで読みました。
まだ続いているこの本が大好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ホリー・ガーデン

2016/11/07 16:43

やさしい関係性

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子供のころからの友達ってこんな感じだな、と唸ってしまいました。特に同じ状況というわけではないのですが、かほちゃんと静枝さんのように、独特の時間がある友達。
家族じゃないけど、きっと家族より思いやっていて、家族よりもしかしたら大切な関係をしみじみ大切だなーっと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本グリード 下

2015/09/15 11:27

リーマンショック

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この手の経済小説は苦手分野だったのですが、今回も一気に読了しました。

待ちに待ったハゲタカシリーズの続編で、リーマンショック前後の大混乱のアメリカが舞台です。

今回も鷲津さんのクールさが前面に出ますが、何よりも他の登場人物もイキイキと描かれているので、読みながら様々な視点に立つことができました。
リーマンショックはつい最近のようで、少し風化しつつも、現在の日本はアベノミクスによる投機熱もあり・・・

「グリード=強欲」というタイトルはリーマンのみならず、現在の日本を連想させる気もしました。

個人的には新参者のアラン2号がとっても気に入りました。
リンの価値観に狂いがない所が本当にすごいです。
実際にリンが猛獣使いとして鷲津さんを操っているのでは・・・(笑)
私にとっては、この作品はずっと追いかけて読みたいシリーズです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スズキ体操

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なんだかんだと楽しく暮らす二人ですが、今回は志乃さんの優秀さと、大先生の女性ならではの視点もリアルでした。新しく入ったうっかり事務さんは、年齢ならではの気遣いの人のようで安心。
それにしてもシロさんのご両親のしていた「スズキ体操」気になってググるものの見つけられず、そしてやはり宗教っぽいお母さんの雰囲気に爆笑でした。
ご両親も老いて、シロさんたちももれなく老いてゆくのに、相変わらずなジルベールは本当に小悪魔です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

切ない、甘酸っぱい思い出

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どれだけ長い追いかけっこ(両思いがなかなか出てこない)を読むのか、と思い続けて数年、羽海野先生は途中で何度も掲載誌が変わり、本当に心身共に苦労して執筆されたのだろうな、と思うと余計に泣けてきました。
普通の大学に通った私にとっては、美大や芸大の中が少しのぞき見できた感じなのと、本当に「学ぶ」環境ってすごいな、と改めて感じました。
恋だけではなく、全体的に甘酸っぱい、青春を思い出しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

心ちゃんの巣立ち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

心ちゃんもママの掃除機問題を引き金に独立しますが、掃除や洗濯がままならない生活で親のありがたみにも気づく。などと、心ちゃんの内面の成長や、周囲との関係性もありふれているけど、気づかされるいい回でした。沙羅ちゃん、意外と恋には受け身だけど、心ちゃんとの経験値の差をみせつけられました。
最後の中田氏の重版、思わずほろっときました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

良かったー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ドラマが良かったので、原作に手を伸ばしてみましたが、原作も良かったです。ダラダラ引き延ばす感じもなく、穏やかな二人に似合った感じでした。大きな盛り上がりがない所が、余計にリアルに感じました。
長く同棲しているカップルはなかなか結婚にたどり着かない人も多いようですが、りっちゃんたちはこのままでよかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示