サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. みっちゃんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

みっちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:みっちゃん

8 件中 1 件~ 8 件を表示

なるほど

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

参観などでたまに会う子どものクラスのママたちとうまくしゃべれてない気がして、購入。
そういわれてみればそうだ! という、うまくしゃべれている時に何気なくやっていることが文字化されていて、すごく納得。

たとえば、
・訓練すれば誰でもうまくなる  口下手でも、話が苦手な人でも大丈夫! 
・連想してずらす
・一問二答以上
・30秒程度の小ネタのストック

なんだか私にもできそうな気がしてきました。
感謝。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アベコベさん

2016/06/20 13:06

子どもたちに大人気

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なんでもあべこべなアベコベさんち。
子どもがふつうなら「ダメ」と注意されることが、褒められて、
子どもがふつうなら褒められることが、注意されてしまう。
でも自分たちがあべこべとはまったく思っていなくて。

私の想像を超えてうちの子どもたちが繰り返し繰り返し読み続けている、大人気の1冊です。

世の中にはいろいろなうちがあってそれでいいのよ、という最後のメッセ-ジ、
そのとおり!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ゼロから始める英語

2016/06/10 08:30

ドラえもんさまさま

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

小学校低学年の子どもたちに、英語に興味をもってもらいたくて、正当派英語教育のDVDを買ってみたんですが、全然食いつかず。
私としてはちょっと妥協してこの本を買ってみたところ、ドラえもん好きな子どもたちにドンぴしゃで、繰り返し読んでいます。
ドラえもんとのび太の、ドタバタしながらのサバイバル英語にはまったみたいです。
あ~、英語をしゃべるってこの程度で(失礼!)、こんな感じでいいんだな~、と良い感じで肩の力が抜けたんじゃないかと思います。
その後、ほかの英語教材にも関心をもつようになってきました。
導入の1冊として、100点満点です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本しりとりのだいすきなおうさま

2015/11/14 05:26

「このほん、おもしろいね」

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

早い時期から絵本大好きだった娘(今も読書大好き)が、幼稚園に入る前の年にしりとりに興味を持った頃に買って読んであげたのですが、読み終わった後、一言、
「このほん、おもしろいね」
と、生まれてはじめて言った、とても思い出深い本です。

それまで、好きな本を繰り返し「読んで」と持ってくるたび、「あ~、この子はこの本が好きなんだなぁ~」と思っていたことはありましたが、子ども自身の口から「おもしろいね」というしっかりした感想が初めて出てきたことに感動しました。

たぶん、大人である王様が、自分みたいにかんしゃくを起こしてわめきちらしている様子が(たぶん自分の姿と重なって)おかしかったのかな、と思います。

今でもしりとりをしていて「と」がくると、「トースト」「トマト」はテッパンです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本おとのさまのじてんしゃ

2015/10/30 10:00

子どもたちにも身近な自転車

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お茶目な「おとのさま」シリーズ第2弾。
今度は自転車を見つけました。でももちろん、最初はなかなか乗れません。
大のおとなの

  コテン。
  「いたい。」

のくだりが、身に覚えのある子どもたちに大ウケです。

それから、おとのさまが自分の失敗に気付いたとき、
「ははーん、わかったぞ。わしは、まちがえて …… のってしまったということかもね」
というせりふの語尾の「かもね」にも大ウケでした。

子どもたちにも身近な自転車。「あるある!」の部分と「そんなわけない!」のバランスが絶妙です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本おとのさま、ひこうきにのる

2015/10/30 09:43

愛すべきおとのさま

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子どもたちの大好きな「おとのさま」シリーズ第3弾。
おとのさまのちょんまげに隠された秘密も明らかに!

この本を読んだ後、たまたま飛行機に乗る機会があり、乗り込むときにサービスのキャンディーが置いてあるのを見つけて、子どもたちと「おとのさまのキャンディーだ!」と盛り上がりました。
サービス精神と好奇心にあふれる、愛すべきおとのさま!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

良いです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

良いです! 小学低学年と年長児、2人とも大喜びで、競い合って弾いています。このくらい音域がある曲を子どもたちに片手で弾かせようとすると、親指をくぐったり手の位置をずらしたりするのがかなり大変なのですが、こうやってうまく両手を使えば弾けるんだ! と目からうろこです。ピアノに興味をもたせるのにすごく良いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

うーん……

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「おしごとのおはなし」シリーズ、子どもに夢をもたせるための読み物であるはずなのに、どうしてこういう話なのか、私にはちょっと理解できません。
これを読み終わった小学生が、「電車の運転士」にポジティブなイメージをもつのかなぁ?
感動的な話にしたかったのだとしても、もうちょっと違うやり方があったのではないかと思ってしまいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示