サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 本格ファンさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

本格ファンさんのレビュー一覧

投稿者:本格ファン

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本あなたは誰?

2015/09/19 08:52

まさに絶品

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ウィリング博士が精神科医探偵らしい活躍ぶりをこれほど見事に見せてくれたのは、今まで翻訳のある長編の中でほかにないのでは。これが本来のウィリング博士か、と再認識させられる。
それと、なにより人物の描き分けがうまい。不幸な生い立ちを背負っているようで、どこかあばずれっぽいフリーダ、繊細に見えて意外と芯の強そうなイヴおばさんなど、個性たっぷりの登場人物たちがお話を盛り上げてくれて、普通小説として読んでも読み応え十分。
謎解きもクライマックスの演出も本当にお見事。そうか、こいつなのか、と思って納得したとたん、いきなりひっくり返される。壮絶なラスト・シーンはまさに圧巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本オシリスの眼

2016/11/20 11:17

オールタイム級の名作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

理路整然と積み重ねながらも、畳みかけるような迫力を持つ謎解きのロジックが素晴らしい。古代エジプトのモチーフも神秘的な雰囲気をストーリーに付与していて、クライマックスで不気味さを一気に高める構成の妙。最後に明らかになる犯人の個性も並外れていて、人物描写も巧み。『犬神家の一族』がこの本から影響を受けたというのも納得できる見事な出来栄え。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示