サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. タンスの角に薬指さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

タンスの角に薬指さんのレビュー一覧

投稿者:タンスの角に薬指

206 件中 1 件~ 15 件を表示

恋敵からねずみ扱いされたヒロインの恋のお話

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

同業の一流の建築士に溺愛されるヒロインのお話。
だけど恋敵が出て来るは四角関係やら色々波瀾がありまして、という展開。
ヒロインがわたわたしているだけという感じがしないでもないですが、楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

王子様の一途な愛

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ひたすら一人の少女を愛し続ける王子様と、それを受け入れる少女の物語。
何というか我儘王子、恋のために頑張る!みたいなストーリー展開ではあります。
ある程度の障害はあったけれど、最後はめでたくハッピーエンドに。
甘い恋愛の好きな人におすすめの小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一途な愛の物語

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一人の女性に誠の愛を捧げる男の物語。
一人の男性に誠の愛を捧げる女の物語。
と言ったお話。
何というか最後まで相手を求める一途な愛を見ていると、応援したくなります。
物語的にはそれほど波瀾万丈というわけではないけれど、結構楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本寵愛の枷

2016/03/04 17:14

独特な世界観

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

変わった風習を持つ国に住む健気な娘さんが、本物の幸せを掴むお話。
立場の違う二人が、お互いに魅かれ合い求め合い愛し合っていくという、よくあるパターンなのだけど、結構面白かったです。
最後のシーンは特に良かったです。
楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本砂漠の雪 王の不器用な寵愛

2016/03/04 16:42

政略結婚から始まる本物の愛

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ありがちと言ってしまえばありがちなお話。
政略結婚で結婚した二人が本当の愛で結ばれるというストーリー。
ヒロインの名前が東洋風の六花で、男の方はアシルで西洋風という違いがあるのが新鮮でした。
六花の優しさとアシルの優しさのすれ違いが面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

注意事項はカバーも外して!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

芹名りせさんの作品がプリエール文庫で初登場です。
内容は簡単に纏めると一途な初恋物語です。
初恋は実らないというけれど、この作品では実ります。
ハッピーエンドです。
ところでカバーを外すと本の本体表紙?に小説が載せられています。
表と裏の両面です。
コミックではよく見かけるけど小説では珍しい…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本汚され志願

2016/03/04 14:47

タイトルはあれだけど…

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何というか最初の方は典型的な嫌な継母と、どうしようもない父親に人身御供にされる伯爵令嬢のお話と言ったところだけど、実はそれからも色々ありまして…というお話。
色々事件はあったけれど、最後はハッピーエンドでほっとしました。という作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

文庫本が早くも登場!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2013年に単行本として出された小説が、その1年5ヵ月後に早くも文庫本として登場です。
「君が好きだから」の続編です。
単行本の目次では
「君が愛しいから」
「番外編1」
「番外編2」
「誘惑のキスをした」
となっていましたが、文庫本では
「君が愛しいから」
「元カノに振り回されて」
「愛しい人の授かりものは」
「誘惑のキスをした」
「選り好みをしていると思ったのに」
となり、味気ない「番外編」に題名はつくし、文庫本書下ろしの短編も載っています。
単行本より文庫本の方が安いし書下ろしは載ってるしでお得です。
内容は前巻より1年経った頃のお話ですが、元カノと元カレが登場するは、前巻での脇役の二人にも色々あるはというような感じのお話です。
まぁお約束な展開ですが結構楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おいしそうなお料理がいっぱい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

クックパッドで人気の栄養士さんが出したレシピ本です。
100以上ものレシピが載っていて、みんな美味しそう。
作ってみたくなる料理ばかりです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何故、島津氏は琉球に侵攻したのか

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

島津氏による琉球王国征伐が起こるに至った事情を解き明かした本です。
島津氏の視点から書かれた部分が極めて大きい本と言えます。
変化する国内情勢と国外情勢がどのように島津氏を動かし琉球王国へ侵攻するに至ったかがよくわかります。
勉強になる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

劇場版ノベライズが登場!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「競技かるた」に青春をかける人達の熱い戦いを描いた「ちはやふる」の実写映画版の小説です。
実写映画版は「上の句」「下の句」の2本が制作、上映されるのに合わせて、その小説も、この「上の句」と「下の句」が出ました。
実写映画版自体が原作のコミック版とは少々違いがあるため、当然、この小説も原作とは少々違いがありますが、これはこれでなかなか面白いです。
原作コミック、実写映画、アニメとは違った面白さと魅力もあります。
おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本監禁城 冷たく甘い秘密のキス

2016/03/05 18:56

水無月さららさんが別名義で書いている作品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ボーイズラブ作家として約20年近く活躍しているベテランの水無月さららさんが、初めて別名義、牟礼茉莉花として出した作品です。
というかボーイズラブ以外の初めての乙女系の作品でもあります。
更にはこの作品はハーレクイン・ロマンスの「雪降る夜に」をリメイクした作品と、何とも異例づくめの作品。
だけど流石にベテランだけあって面白く作品を仕立て上げています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本買われた花嫁と悪魔な伯爵

2016/03/05 16:00

北山すずなさんの作品が、ガブリエラ文庫に初登場

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最初はありがちな展開で、主人公がお世話になっている伯父様家族の困窮を救うために資産のある貴族に嫁ぐ話…なんだけど、そこからの紆余曲折というか、話の展開が結構面白かったです。
ただ恋愛だけでなく色々な意味でハッピーエンドなのが良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

波瀾は無し…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何というか盛り上がりに欠けるストーリー。
恋愛物の小説に付き物の山あり谷ありが少ない感じ。
半分血の繋がった兄が主人公を愛していたなんて話もあったけど、相手が相手だけに何もできないし。
主人公もそのお相手も一途に相手を愛していました。幸せになりました。で終わってしまったようなお話です。
砂糖を吐くような甘々なお話が好きな方にはおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本死神伯爵と不機嫌な花嫁

2016/03/05 15:16

それぞれの苦難を乗り越えて…

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

男女のカップルのどちらにも碌な身内がいなかったという不幸なカップルが幸せを掴むお話。
頼りになる家族がいない中で生きていかなくてはいけないというのは大変だと、しみじみ思ったお話でした。
でもまあ主人公アリスティナの方は、お兄さんが頼りになる人に変貌したみたいで、そこは良かった。
ハッピーエンドがお好きな方にはおすすめの作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

206 件中 1 件~ 15 件を表示