サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. naritayaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

naritayaさんのレビュー一覧

投稿者:naritaya

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本魔の山 改版 上巻

2015/09/26 10:09

読みとおすことで見えてくるもの

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作者が最初に断っているように、「単純」で、さほど魅力的でもない青年、ハンス カストルプの平凡な人生が、延々と描かれる。決して何も起こらないわけではない。彼は、さまざまな興味深い人と出会い、さまざまな出来事にも遭遇する。それらに彼なりに真剣に向き合っていく。中には心打たれるエピソードもあるのだが、なぜか、彼がその経験から学び、成長していったとは感じられない。どこか中途半端で場当たり的であり、どこまでも「単純」かつ凡庸なままなのである。彼の進歩のなさのせいか、一つのエピソードが終わる度ごとに、私はこの本を投げ出しそうになった。しかし、一度読み始めた方には、少々つらくても是非最後まで読み通すようお勧めしたい。読み終わってこの本を閉じた時、なぜ、この青年の取るに足らない人生に長々とつきあわされたのか?その意味が理解できるにちがいない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

見世物の世界

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

安っぽい、つくりもののようなストーリー。この設定は、むしろ村上春樹が意図したものではなかったか?空気さなぎ、リトルピープル、念力、幽体離脱、2つの月・・・なにしろ「ここは見世物の世界、何から何までつくりもの・・・」なのだから。
 小説「空気さなぎ」で文学賞を取りに行く。そんな意図して作った安っぽい「つくりもの」のストーリー。それを素晴らしいと讃えて、我々が生きる現実の世界で文学賞を獲得したとすれば・・・この世界は1Q84の「見世物の世界」とどこが違うのか?この小説が我々の世界を巻き込んだ一つの試みであるとしたら、1Q84は、この世界に向けて放たれた小説「空気さなぎ」ではないのか?だれか、この入れ子構造に気づき、この世界から出ていこうとするものはいるか?
 一方で「さきがけ」から連想される某新興宗教の教祖や信者が作り出した世界も、やはり安っぽい「つくりもの」ではなかったか?空中浮揚、ハルマゲドン、地震兵器・・・彼らはそれを本物と信じて行動し、現実に多くの血が流される痛ましい事件を引き起こした。彼らが見ていた世界は、我々の見ていた世界とは全く別の世界であったのかもしれない。たとえ、その世界の月は、ひとつであったとしても。彼らの中で、その世界はまだ生き続けているのだろうか?であれば迫害の歴史の1ページに、いつか多くの殉教者の名が連ね記されるかもしれない。
 同じものを見ながら異なるものを見、ひとつの世界に生きながら異なる世界に生きる、それは、本来、何の不思議もない日常のことなのではないのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示