サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 解夏さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

解夏さんのレビュー一覧

投稿者:解夏

11 件中 1 件~ 11 件を表示

電子書籍あとかたの街(1)

2015/09/30 10:43

凄い

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この巻だけの感想を綴っても、この作品に関しては無意味だと思う。
しかし、3巻4巻を読んだ後でこの第1巻を読み直すと、この何でもないような日常の描写に、改めて背筋が冷たくなるような凄みを感じてしまう。凄い表現者だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

親切

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少し前にネットで「中華なべ燻製」の情報を見つけて始めたばかりの初心者なので、タイムリーに【期間限定価格】で出ていた本書を購入。材料別に詳しい説明が載っているので、参考になる。それぞれの素材ごとに火加減の目安まで記載されている親切さは、他にあまり例を見ないと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍コーヒーもう一杯IV

2015/09/26 14:47

コーヒーのアロマに酔う

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コーヒーが好きで、絵の雰囲気に惹かれて買い始めたシリーズ。前巻までと変わらず、この巻も独特のいい感覚、バラエティに富んだ短編集だ。コーヒーのアロマに、心地よく酔わせてもらった感覚だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍コーヒーもう一杯III

2015/09/26 14:40

独特のいい感覚

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

コーヒーが好きで、絵の雰囲気に惹かれて買い始めたシリーズ。1,2巻と変わらず、この巻も独特のいい感覚、バラエティに富んだ短編集だ。
「一枝と作之助」という一編が、実在の人物を取り上げていて、少し他とちがう味わい。この作者の他の作品に繋がるところがあるのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

美味しい茹で方

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

冷凍うどんの美味しい茹で方なども記載されていて、なかなか親切。レシピは、題名通り「変わり種」が多く、試してみるにはちょっとためらいのあるものもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

バリエーション豊か

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

豆腐・厚揚げ・納豆について、バリエーション豊かにいろいろなレシピが載っていて、使えそうだ。数えていないが、確かに200品以上掲載されているようだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ハルの肴(6)

2015/09/26 14:22

今後が楽しみ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ここにきて、ハルの料理修業への打ち込みが本格的になってきたような。「老舗U-30」なるグループができて、新しい展開の巻。今後のハルの成長が楽しみだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍海月と私(3)

2015/09/26 14:16

クセになる読み口

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

仲居の梢さんと宿の主人のやりとり、主人の転がされっぷりがクセになる、読み口。次巻が最終巻ということのようで、かなりここで情報は出揃ったことになるのかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

絵は綺麗

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画公開に合わせた企画か何かなのだろうか。絵は綺麗だ。ストーリー的には、どうも1巻だけでは判断できない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ストーリーがしっかりしている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ストーリーがしっかりしていると思ったら、原作は小説家の人らしい。
ただ逆に話が綺麗にまとまりすぎているというか、後にあまり印象が残らないという感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

涙ものの一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

当時子どもだった年代の人には、涙ものの一冊なのだと思う。特に鋭いギャグがある訳でもないのほほんとした空気は、当時のものなのだろう。
「9話分」と明記されているので偽りはないのだが、巻頭の目次にはその先まであるかのように書かれているのが、何か悲しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示