サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. のらくまさんのレビュー一覧

のらくまさんのレビュー一覧

投稿者:のらくま

2 件中 1 件~ 2 件を表示

やっぱり、スヌーピー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

キティやマイメロや、ミッキーにダッフィー……。みんな可愛くて、大好きです。でも、一番、大好きで、ぎゅっとしたいのは、やっぱりスヌーピー。そう再認識した今日この頃、スヌーピーのムック本に手を出しました。こちらは、もう手に入らないかと諦めかけていたけれど、ちゃんと購入出来ました。付録のrussetとのコラボのバッグは、ちょっと大人向けの仕様で、学研のムック本シリーズの布製のバッグとは、また違ったテーストとなっています。
本の中身はスヌーピー満載。大人向けスヌーピーグッズもいっぱい紹介されていて、また色々、欲しくなりました。
この冬には、新作映画も公開されます。それに合わせてスヌーピー愛を盛り上げる一冊となりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本この闇と光 改版

2016/08/10 15:31

絡みつく違和感……。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

幼児の独白という形で物語か始まります。
そこに違和感を覚え、泡のような苛立ち膨らませながら、用意された「大どんてん返し」を目指して、何とか、読み進めました。読み終えて、「ああ、なるほど……」と納得したものの、消化しきれない些末な疑問も多く残り、答えを求めて誰かと論じたくなります。「あれって変だよね、どう思った?」それも一つの読書の楽しみで、すでに作者の意図するところ、この作品の罠にまんまとかかってしまった証なのかもしれません。
しかしながら、常に存在する違和感が、美しい文章で描かれた耽美な世界に没頭することや、一人称の主人公に共感することの妨げになったのも事実で、トリックとしては秀逸でも、物足りない思いがわだかまりとなって、好きと言い切れないのが残念です。
あまり深く考えず、どんどん読んで、「へぇー」で本を閉じてしまえれば、きっと面白い作品なのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示