サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Koukunさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

Koukunさんのレビュー一覧

投稿者:Koukun

30 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍双頭のバビロン 下

2017/02/04 08:39

めくるめく展開

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作者皆川博子は幻想的には虚構展開の道具として演劇を使っている作品がある。
この作品では演劇の代わりに映画が道具のひとつになっている。
幻想味はやや薄れているがよりリアルさが増している。
双生児、映画、ハリウッド.ウィーン.上海と多彩な道具 舞台を使いこなしためくるめく展開は相変わらずの作者の独壇場。どっぷりと漬かりこんだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

多芸な著者に敬意

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

産業革命期のロンドンの雰囲気を出すため様々な職業の人たちや小道具を登場させている。本格的ミステリーとしても文化史としても楽しめる。
多芸な著者に敬意を表したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍傭兵の二千年史

2016/04/22 07:29

2000年をコンパクトに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2000年の歴史をコンパクトにまとめ読みやすい。
しかし本書の冒頭に書いてあった「国民国家、民族、国のために喜んで命を捨てる」という思想との関連を読みとくことは残念ながらできなかった。
むしろ最終章に書いてあった、殺人と破壊を楽しむ現代の傭兵 からISに代表されるテログループを連想した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

浅田次郎のうまさが際立つ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

浅田次郎のうまさが際立つ短編。死んだ祖母に対する残された人たちの様々な想いが、浅田次郎らしいタッチで描かれている。
他の作品で鼻につくことがある「泣かせ」が少なく好きな作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍夜と霧の隅で

2015/11/13 13:38

重い作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

電子書籍になっていたので40年ぶりに読んだ。
特に表題作の「夜と霧の隅で」は、ナチスの蛮行というよりは「世の中に役に立つ人間、役に立たない人間」の区分 区別がどのような結果を招くか 深く考えさせられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍チェーザレ 破壊の創造者(9)

2015/09/30 04:05

絵も話も素晴らしい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作品に感激して、北イタリアへ行ってきました。
この作品にの絵が、実際のフィレンツェやピサの風景の特徴を良くつかんでいるのに感心しました。

時代背景の説明がやや多い気がしますが、日本人にはあまり馴染みがないので仕方がないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍今日のユイコさん(5)

2017/01/11 11:10

詰め込みすぎで残念

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

二人の馴れ初めのころの話から将来の話まで2~3冊の内容を1冊に押し込んでしまっている。

もう少し丁寧に書かれるとより良い出来映えになっただろうと思われるのに残念。

それでも最後のユイコさんの今までと違う表情が印象的。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】神様の裏の顔

2016/12/30 10:07

なかなかに凝った作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

複数の人物のモノローグだけで構成された、なかなかに凝った作品。
裏の裏の裏の...とかなり凝っている。
もっとも最後の「裏の.」はもう少し素直なストーリーのほうが読後感が良いと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍三日間の幸福

2016/12/30 09:59

一気読み

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

題名から結末はある程度予想できたが物語に引き込まれてしまった。
違和感のない素直な文体であることあり一気読みしてしまった。
ヒメノの扱い 伏線をもっと丁寧に納めればより一層よい作品になった気がする。
この作家の作品をもっと読んでみようと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍一刀斎夢録 上

2016/11/20 13:03

良くも悪くも浅田次郎

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

壬生義士伝、輪違屋糸里に続く幕末3部作の3作目。
主人公の斎藤一のニヒルさが際立っていて、壬生義士伝の吉村貫一郎と好対照な人物像を描き出している。主人公は長命しただけにエピソードには事欠かないので西南戦争を終盤に持ってきた構成はよいと思う。しかし最後の締め方はどうもしっくりこない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍新装版 赤い人

2016/11/08 10:21

淡々と描かれた重い歴史

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

吉村昭らしい淡々とした筆致で描かれた重い歴史の物語である。
この作者は、感情を直接語ることなく、事実や状況を淡々としかし詳細に記述することにより、読者に訴えかけている。森鴎外の晩年の作品にも似た作風。小説としての面白さより埋もれた歴史の重さを感じた作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ほんわり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

美男美女やワルとかではなく、平凡な主人公を描いている。
それでも周りの人たちとの、温かいやり取りなど ほんわりムードの漂う作品である。
次巻以降、少々波乱はあるだろうが、このムードが続きそうな感じ。
のんびりしたいときに読みたい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【全1-2セット】新装版 白い航跡

2016/02/29 11:04

ノンフィクションっぽい作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

吉村昭らしいノンフィクションっぽい作品。
史実に基づいて書いているという重みと、史実を外れては書けないという 制約の両方を感じる作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本砂糖の歴史

2016/02/24 17:40

砂糖を媒体にした帝国主義の歴史

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

砂糖を題材.媒体にした植民地主義.帝国主義.資本主義の歴史である。
膨大な資料を読み込んでこの本を書いたであろう事がよくわかる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍朝鮮戦争(下) 慟哭の曠野

2016/02/13 18:01

勝者のいない戦争

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人道的な意味ではもちろんのこと、政治的な意味でも愚かな勝者のいない戦争 という事実を よく表現している。
「賢者は歴史に学ぶ」というが、今 北朝鮮が暴発し第二次朝鮮戦争が起こったら世界各国はそして日本はどうすべきかを 考えさせてくれる本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

30 件中 1 件~ 15 件を表示