サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. きくち たいようさんのレビュー一覧

きくち たいようさんのレビュー一覧

投稿者:きくち たいよう

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本わが悲しき娼婦たちの思い出

2015/10/03 22:04

不可解な作品。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ある程度小説に慣れている人ほど、違和感は大きくなると思う。話の筋が予想できない。
 主人公の決意や設定がまず異常だが、終盤、これはバッドエンドに向かうのかと思いきや、あくまでも主人公は幸せに向かって前向きに生きていく。
 日本で読める小説で描かれている社会とは一線を画す、すさまじいオリジナリティがある作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

勉強になった。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

岩明均作の『ヒストリエ』を読んでから、この時代のことが気になり、帯に『ヒストリエ』のイラストが載っていたので、買いました。
 率直に言って面白いです。より深く漫画の作品世界を理解することができ、何より、世界史の教科書では数行で終わらせてしまう内容についてかなり深く知ることができました。
 お薦めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示