サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. みーまさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

みーまさんのレビュー一覧

投稿者:みーま

13 件中 1 件~ 13 件を表示

電子書籍火星の人

2016/02/15 09:16

映画を見た後でも面白い

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ネット上で火星版dash村と評された映画「オデッセイ」の原作です。
映画もとても面白かったのですが、映画ではあまり説明されなかった部分(というか、私がその場で理解できなかった部分)が知りたくなり、原作を読みました。正直、映画より面白いかもしれません。
dash村部分(?)の詳細がこちらの方がわかりやすいです。
火星にひとり取り残された主人公が、信じられないぐらいポジティブすぎて気持ちがいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本割合で覚える和の基本

2015/10/22 01:26

味付けわかるようになる本

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

普通の料理本は個々の料理に対して、書いてある通りに作れば、書いてある通りのものがうまくできる。でも一度作っても細かい分量までは覚えられないので、次に作る時はまたレシピの分量を見直さないと作れなかったりする。
この本を読むと、こういう類の料理はこう味付ければいいというのがわかるので、やがて似たようなものは本を見なくても何となく自分で作れるようになるところが画期的。初心者や和食の味付けが苦手という人には最適だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本正解するマド

2017/07/16 03:01

読者よ、どうか正解されたい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『正解するカド』のノベライズを任された作家は内容に悩むあまり精神を病みつつあった。次第にザシュニナの幻覚まで見えはじめ……
という紹介文でわかるとおり、「正解するカド」の単なる小説化ではありません。

とにかくすごいです! 面白いです!
期待以上というか、期待の斜め上です。
さすがは”あの”「正解するカド」のノベライズ!ただものではありません。
でも中身は言えません。すごーく言いたいけど、絶対言えません。
アニメの「正解するカド」に毎週くぎ付けになりながらも
後半の超展開についていけず
最終回がおわってモヤモヤしていらっしゃる方には
特にお勧めします。

ちなみに、野崎まど氏の他の小説は読んでなくても大丈夫ですが、
「正解するカド」は最終回まで見てから読んだ方がいいと思います。
あと、余計なお世話かもしれませんが
電子化されてから読もうと待っていらっしゃる人がいましたら、
そこはあきらめて、早めに文庫本でお読みになることをお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マンガでわかる孫子の兵法・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

というタイトルだったら、もしかしたらもっと人目に留まって売れるかも…という気もしますが(笑)、これはこれでいいと思います。
知識を得るという目的だけではなく、物語としても楽しめます。
ほんわかしたキャラですが、やるときゃやるんですね。
 孫子の兵法は「そういうものがある」という程度にしか知りませんでしたが、非常にわかりやすく読めました。
古典などを解説する本でマンガと解説で構成された分かれた本はよくありますが、漫画か解説のどちらかがちょっと残念なことが多々ありますが、この本はどちらもいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

お坊さんも大変だけど、家族も大変なのね

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回もお寺や仏教の知識が満載でした。
住職が亡くなって後継ぎがいなかったら、家族はお寺を追い出されるとか、そもそも仏教としては本来いるはずのない存在であることとの矛盾とか、跡取り息子さんそれ以外の子供にも、普通の家庭の子にはない思いや苦悩があるのだとか。
住職以外のお寺で生きる人たちの人生にも
いろいろと感じ入るところもあり、中身が濃い一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍坊主DAYS

2016/07/10 03:01

学習漫画「お坊さんのひみつ」みたいな……

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一言でいって、非常に面白かった。
仏教についての建前の知識あれこれというよりは、現代日本のお坊さんが実際どうなの?というのがものすごい臨場感をもって伝わってきた。
小学生の頃に、学研のひみつシリーズを読んだ時のようなワクワク感で、一気に最後まで読んだ。
お寺の子にもサンタさんがくることもあるんだね。
日本のお寺ぐらいのゆるさ、いや寛容さがほかの宗教にもあれば、
案外もっと世界は平和になるんじゃないだろうかと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ほのぼの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

諸葛孔明と妻の月英の新婚時代のほのぼのいちゃラブマンガ。
出てくる人はみんないい人で癒される。

でも、この調子で将来本格的に孔明が戦いをするようになったら
どうなるんだろう……。
一巻を読んだ限りでは想像がつかない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本王室スキャンダル騒動

2016/02/20 01:22

何年たってもおもしろいです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昔の漫画の絵を見ると、その当時はいいと思っていても「やっぱり今見ると古いかも」と思ったりするものですが、この作品は今見ても当時初めて見たときの印象と変わりません。(いろんな意味で・・・)
そして、ストーリーの面白さも、主役から端役に至るまでのキャラの魅力も変わらない。傑作のひとつだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天の神話地の神話

2016/02/20 01:12

懐かしい作品ばかり。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表題の「天の神話地の神話」以外のほとんどは「エイリアン通り」で一気に華やかにあか抜ける前の初期の作品です。
確かこのうちいくつかは作者が高校生の頃の作品だと思いますが、
当時中学生だった私にはとても響くものがあり、すっかり夢中になりました。
今見ると、懐かしいような、少し気恥しいような気持ちになります。
シルクロードとSFと妖精の正解が大好きな少女が、綺麗に丁寧に描いたという印象の漫画です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本マンガでわかる源氏物語

2016/02/15 01:50

「あさきゆめみし」を読んだら次はこれ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルは「マンガわかる」ですが、漫画の部分は本当にざっくりとしたあらすじだけなので、源氏物語の内容を全く知らずに読んでも、今一つ面白さやイメージがつかめないかもしれません。
「源氏物語がどんな話なのか一から知りたいけど、長い文章を読むのは敷居が高い」という場合は、
まずかの名作漫画「あさきゆめみし」を読むほうが、
わかりやすく、かつ物語としての面白さを味わうことができると思います。

ただ、一度でも物語の筋に触れたあとは、ぜひこの本を読まれることをお勧めします。
平安時代の習慣、当時の人のものの考え方、政治権力の在り方、人と人との関係、何故あの時、この人物はこう思ったのか、こう動いたのか……
わかったようでわからなかった部分が、謎解きのようにすっきりわかります。
図や表の用い方や紙面構成がうまく、着目の場面だけに絞った人物関係図が随所にあるなど、情報がよく整理されています。
文章も堅苦しくなく、それでいて冗長でもなく読みやすいです。
何冊か解説本は読みましたが、こんなに説明がわかりやすく面白いのは初めてで、感動しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

すぐに作れて、素晴らしい出来栄え

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とても分かりやすい説明で、すぐに作ることができます。
難しくて悩むようなところもあまりありません。
それでいて、出来上がったものがちょっと驚くぐらいよくできています。
特にお寿司やケーキのおままごと系は、誰かに見せたくなるぐらいリアルでかわいいです。
子どものために作ってあげていて、すっかり自分がはまりました(笑)
基本的に材料は折り紙だけ。道具も特別なものは必要ありません。
折り紙の他はティッシュなど、いつでも家にありそうなものなので、
工作用にわざわざ廃材をストックしておく必要がないところもうれしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「仁徳天皇陵」じゃないんだ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

地理で習う内容が年々変わっていくのは、当たり前といえば当たり前であるが
歴史として習う事柄も子供のころとは変わっているものが少なくないのが面白い。
鎌倉幕府成立は「いい国(1192)作ろう」ではなく、日本で一番大きな古墳を今の子供たちは「仁徳天皇陵」という名では習わなというのは昭和世代としては衝撃だった。
わが子が小学校で歴史を習う前に読んでおいてよかったと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

作品自体はすばらしいので、電子版としての評価を。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作品自体の良さは、語りつくされているので、電子版として
気になる点を。

完全版としては紙よりもかなり安価で、
文庫版と違い、カラーページはカラーで収録されているのがありがたい。

ただし、データの解像度が低くて、ルビがつぶれているのが残念。
タブレットやPCの画面で拡大しても、読めないことはないが読みにくいのが残念。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

13 件中 1 件~ 13 件を表示