サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 自称マイノリティさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

自称マイノリティさんのレビュー一覧

投稿者:自称マイノリティ

10 件中 1 件~ 10 件を表示

根拠に基づいてコーヒー全般について書かれています

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

小生は、ネスプレッソマシンのカピセル式を2台(計4年間)を使っていました。苦すぎるので、現在ハンドミル+ペーパドリップでコーヒーを楽しんでいます。深煎りのコーヒーが多いので網とガスで手焙煎まで行った経験があります。
ネット上にクチコミやCMのような情報が溢れていますが、本書では、著者の経験および根拠(日本語および英語の文献)に基づいて書かれているので信頼性のある内容と思います。
内容が難しいので、全体を目を通して、今興味を持っているところを詳しく読めば、おいしいコーヒーが楽しめると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本文明論之概略 現代語訳

2016/05/23 03:45

明治時代の名著の一つと思います

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

福沢諭吉氏は、2回の渡米と1回の渡欧を経験しています。その経験を基に欧米と日本の状況を比較して、明治の時代で何を優先した学ぶべきか書かれた本です。
現在においても、本書が指摘されている内容が日本の中に残っているような気がして、色あせしない内容と思います。
時代の違いもあり少し難しいです。現代語訳なので2回読み返せば、大体理解できると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

物理学者の視点から人間社会が書かれています

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

広範囲の内容の本です。
全てを理解するというより、見出しの内容を確認する程度の読み方をしました。
科学技術・・・純粋科学・・・ワールドビュー・・・社会インフラの捉え方、STEMと科学的に考える(Science way of thinking)などは社会人の教養として必要と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本少女霊異記

2016/05/23 04:27

すらすらと日本霊異記の世界に触れることができます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「こころの最終講義」河合隼雄著に日本霊異記のことが書かれていたので、購入しました。
日本霊異記は、現代人から見ると理解が難しい本が多いですが、小説の形ですらすら読める本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本検証 尖閣問題

2016/05/23 04:04

尖閣問題の理解に役立つ本です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

問題が大きく取り上げられた2012年(野田政権)の著作ですが、現在読んでも役に立つ本と思います。
中国との関係において、尖閣問題が今後も問題であり続けることが理解できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本書とネットの情報で勉強できそうです

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

Pythonのプログミング勉強用に購入しました。
高校レベルの数学をPython 3系およびモジュール(matplotlib、SymPy)のプログラミングを使って学ぶ本です。Anaconda Python 3を使うことが紹介されていて、プログラミング環境の構築は容易と思います。
記載されているスクリプト(コード)は、モジュールの呼び出しが独特なので、Qiitaなどのネット情報も併せて、勉強した方が良いと思います。
個人的な意見ですが、記載のないNumPyモジュールを使用するプログミングの方が実用的だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ドイツ語のきほんドリル

2016/05/23 04:36

完読には時間がかかりそうです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シューベルトの歌曲(リート)のやさしいものが分かるようになりたいと思い、深く考えずに購入しました。
ずほらな性格なので、なかなか進みません。
ドイツ語を勉強する必要がある人の入門書に使えそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本イノベーションの誤解

2016/05/25 16:50

ソフトウェアからの視点が欠けている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ハードウェアからソフトウェアが重要な時代になっていると認識していますが、本書はハードウェアに中心に書かれています。
個人的に、オープンソースソフトウェアのインパクトは無視できないと思います。
(1) Linuxなどのオープンソースソフトウェアは、約20年前から誰でも参加できるようになっています(「Debian社会契約」などを参照)。
(2) 統計学用ソフトRやプログラミング言語Pythonの機械学習では、専門家が作成したライブラリ(モジュール)を再利用することで高度な分析が可能になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マニュアルのような内容の繰り返しが多い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近、アクティブラーニング(AL)などで「自分で考えること」が大事だといわれています。
本書は、マニュアルのような内容なので、「考えること」を掘り下げる効果は期待できません。
個人的には、昔の名著の方が役に立つように思います。
渋沢栄一の「論語と算盤」の解説書であるように大志と当面の小志を持つこと。
中村天風氏の「心身統一法」により心を清らかにする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍一流に変わる仕事力

2015/10/05 17:07

一流の定義が最後までわからなかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

3.11以降は、スローライフなど我武者羅に進む時代は終わったとの考え方もあります。また、一流、三流の白か黒かのような書き方に違和感を感じます。なお、この本のいう一流とは何を意味するのか最後まで分からなかったです。

松下幸之助氏と稲盛和夫氏の本をほとんど読んだとの記載がありましたが、一部の面でしか記述されていません。
・二人ともトイレはキレイにした人です。
・松下さんは、日本の心の在り方を心配して「まほろば塾・・・現 薬師寺まほろば塾」を開いた人です。
・稲盛さんは、中村天風氏の影響を受けた方です。

また、新聞記事は出典を記載していますが、本文の引用部分の出典に記載がないのが、気になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示