サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. チャねひろさんのレビュー一覧

チャねひろさんのレビュー一覧

投稿者:チャねひろ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

私いつか…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

完結、おめでとうございます。
私もあの日テレビ状況を知り、仕事の関係で行くことを覚悟していました。
またあの日の翌日に博多で飛行するために来ていた松島のブルーインパルスの基地が
あったためその後も気にかかっていました。
神戸の時、そして今回のこともですが記憶の風化が一番の気がかりです。
東北は、九州に住む私にとっては遠い場所ですが、この話しきっかけにいつか行って
みたいと思います。歩くのはちょっとなので、自転車で回って美味しいもの食べ、目で
記憶語り継いでいきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今後も続刊を希望します。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「あるきへんろずかん」からこのシリーズを読ませていただいています。
お遍路さんや島津といったニッチかもしれませんが、物語に引き込まれるものがあり最後には感情移入してしまいこみ上げてくるものがあります。そしてこの震災後の東北を歩く物語で、私自身も同じ気持ちであり未だに何も出来ていない自分に落胆する事がありました。でも物語に出てくる東北の方々の様々な感情を絵として見ることで、今も東北のことを思い続けて行き忘れないことが、いつかその地に足を踏み入れて感じてみようと思わせてくれる作品です。
私自身の生涯連れて歩く本棚から消えることはない作品の一つです。
今後の作品を待っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示