サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 土方艦長さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

土方艦長さんのレビュー一覧

投稿者:土方艦長

4 件中 1 件~ 4 件を表示

私たちは「戦争」を思い出すこともできないし継承もできていない

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

戦艦大和が建造されて、大戦の中で沈んだ。それは「一億総特攻」の先がけとなるはずであり、それを信じて絶望的な「作戦」に赴いていった人々がいた。大戦後の日本では、すぐさまそれがなかったことにされ、乗員の存在が消された戦艦大和の擬人化が進む中で、その後に生きる人々によって都合の良い戦艦大和の像がつくられていった。筆者らの世代は、『艦これ』にたどり着いてようやくその変貌ぶりに気づかされたのであろう。しかしその変貌はとっくの昔に始まっていたのである。15回の講義で語られる戦艦大和の像は、先の大戦の事実や記憶をさほど背負っていない物語の繰り返しによって、今ある私たちがそれを含めた「戦争」全般からとても遠いところに立っていることを実感させる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本蘇我氏 古代豪族の興亡

2016/02/11 00:50

大化の改新だけが古代国家への道ではなかったはずだ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

蘇我氏の本。常連が居て延々読み比べている分野である。筆者は「壬申の乱」以来の古代前期への参戦。『日本書紀』作成者たちによる現体制肯定の立場からすれば、潰すべき相手のおこなった治世は問題の多い時代として否定的に記述される。そのまま受けていては彼らの思う壷だろう、それが趣旨。細かい論証はともかくとして、否定されるべき前代の政治・行政機構を原始的なものとして描いている可能性は確かに高い。体制の変革(クーデター)がなくとも、この国は何となく進化していたのではないだろうか?大化の改新も何らかの偶発に依拠していることだってある。世の中は段階的発展的に「良くなっている」わけではなく、不連続な選択の結果にすぎないことを、再認識すべきである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

この内容には地図が欲しいところ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

郷土史をひもとくと、時々出てくる首塚。地元ではさまざまな伝承が付与されているものの、全国的な視点からは目が届いていないのが実情。筆者の踏査は、その点で画期的な仕事であるといえる。ただし、出版社の要請なのか、特に前半部分では概説書に依拠した歴史の記述部分がやたら多い。塚に行って取材した当人しか気づき得ない部分の記述が少なく、物足りなさを感じる。踏査の途中経過報告だと思えば、より民俗学的な考察を深めた続編に期待が持てる。あと、塚を訪ねてほしいのであれば、章扉あたりにでもざっくりとした地図がほしかった。HPに掲載してそこへの案内があってもいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今回は城郭史が多かった。もっと地図が必要なんじゃないの?

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

弥生の環濠集落から起こした城郭史は、今回はあまり重要ではなかった。たぶんイラストレーターが就くのだろうが、もっとしっかりつくりこんだ地図が必要であったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示