サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 伊良湖さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

伊良湖さんのレビュー一覧

投稿者:伊良湖

15 件中 1 件~ 15 件を表示

素晴らしい漫画

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ゴッホ兄弟の愛憎が胸に突き刺さります。また、兄弟の心のすれ違いにとても切なくなります。私はこの漫画と出会えて良かったと思いますので、是非読んで頂きたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

感動したい方は是非

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ゴッホ兄弟と彼らを巡る人々の物語です。
様々な人物が登場しますが、その人物の一つ一つの話が心に響きます。
心動かされる漫画を読みたい方に一読をお薦めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

励まされる物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は実業家・広岡浅子の人生を小説化したものです。
どのような困難があっても決して負けない彼女の生き方は清々しく感じられ、励まされます。
また、小説の長さは短めなので、簡単に読むことができます。ただ、小説の世界にどっぷり浸かると、物足りなく感じられるかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本大学教育について

2016/06/27 21:06

大学教育の目的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大学教育の目的は何たるかが書いてある本。
ミルの考えた大学教育の目的は、日本ではすっかり忘れ去られてしまった目的のように感じられる。多くの人に読んで頂きたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

誰にでも役立つ本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これほど誰にでも役立つ本はないのではないかと思います。
「後世への最大遺物」
人は一生で後世に何を遺すことが出来るのか。その問いに対する著者の答えがありきたりでなく、心に響きます。
「デンマルク国の物語」
デンマークが戦争に負けた後、いかに復興し、豊かになったかという話。太平洋戦争後間もない頃の日本人を勇気づけただろうな、と思わされます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本帳簿の世界史

2015/10/12 23:03

会計の力

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

会計の恐るべき力を歴史(欧米史)を通して伝えています。
会計を蔑ろにしてはいけないと思わせられた作品です。
この本を読了した後、簿記の勉強を猛烈にしたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本女工哀史 改版

2015/10/12 22:02

搾取される女工たち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

実際に紡績工場で働いたことがある男工である著者による女工についての作品です。
あらゆる悪徳業者が女工を搾取していたことがありありと伝わってきます。
搾取の悪辣ぶりに腹立たしくなってきます。
著者の女工に対する深い愛情・敬意に心が震えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本東京の下層社会

2015/10/12 21:28

日本人が読むべき本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

当初、ザッと本を読み通した時、気分が悪くなった。
その後、最後まできちんと読み通した時、どうしてもっと早くこの本を読まなかったのだろうと思った。過去の日本の恐るべき貧困を知らずに今まで知らずに生きてきた自分が情けなかった。
気分が悪くなっても、日本人なら読んで欲しい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本石橋湛山評論集

2015/10/12 21:13

読んで感動する評論集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大学時代から読もう読もうと思いながらも、全く読んでなかったのですが、社会人になって初めて読みました。
石橋湛山の評論を読むと、彼の巨視的な物事の捉え方に驚かされます。
特に、日本の領土膨張政策は不毛な政策であると切り捨てる「小日本主義」には感動致します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本法窓夜話 正

2015/10/12 20:50

全ての研究者・学者が読むべき一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

法律を学んでいても学んでいなくても、読むと面白い本です。
法律に関する様々な逸話等が書いてありますが、あらゆる学問の研究者・学者が保持しておくべき普遍的な心構えが書いてあることが印象的です。
全ての学問の研究者・学者が読むべき一冊です。
勿論、研究者・学者でない方にも読んで頂きたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本わたしの「女工哀史」

2016/07/05 20:49

生命力溢れる女性の一代記

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は、『女工哀史』の作者である細井和喜蔵の内縁の妻であった高井としをの一代記である。文章が読みやすい。
 高井としをの人生には武勇伝が多数あり、本当にその一つ一つが面白い。この本を読んで、私は田中正造を思い出した。彼女はいつでも仲間や弱い立場の人の味方だったがゆえに、人生ずっと貧しかったのだろうなあと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本寛容論

2016/06/27 20:52

寛容が失われた時

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

寛容であることは難しい。このことは今日の世界の状況を見れば明らかであろう。
しかし、そこで寛容であることを諦めると、悲劇が起こる。寛容が失われた時の悲劇には凄まじいものがある。そのことをこの本は如実に示している。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

わかりやすい参考書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

簿記初心者の方でもとっつきやすい本であると思います。
建設業簿記について丁寧に易しく説明がしてあります。
日商簿記2級を所持している方は、試験範囲がかなり重なるので、この本は不要かもしれません。
建設業簿記初心者の方や日商簿記2級を持っていても参考書がないと不安な方はどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

入会権を巡る泥沼闘争

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は、とある農村での入会権を巡る泥沼の闘争を書いている。
この本から読み取れる教訓はいくつもある。自分の権利は自分で守る、損して得取れ等である。法律に興味がある方は読んでみてもいいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1冊あれば

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本1冊あれば合格出来ると思います。
これを2周読んで合格しました。効率の良い勉強をされる方は1周だけでも合格すると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

15 件中 1 件~ 15 件を表示