サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. しまんちゅさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

しまんちゅさんのレビュー一覧

投稿者:しまんちゅ

85 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本下町ロケット

2015/11/30 14:28

感動!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とにかく感動の一言!業種は違うが同じエンジニアとして共感するものがたくさんあった。佃社長はじめ山崎部長以下開発部員の頑張り、それと当初意見を異にしながらもお互いの信頼関係を築き、支えあっていく社員一同。一つの目的に向かって一丸となって邁進していく姿が目にありありと浮かぶようだった。登場人物も多いので映画化してもいいくらいの作品

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

保存版?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

購入していない増刊号が出たので内容をよく確認せずに購入した。いつもの定期刊行物のまとめみたいな感じでこれを残しておけば保存版になるかなという感じでした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本空飛ぶタイヤ

2017/05/09 15:58

読みごたえあり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

業界は違えど同じ品質管理に携わる身としては、身につまされる物語。異なる視点でストーリーが進行していくので、長編であっても読みやすかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本さよならドビュッシー

2016/11/08 13:27

このミス大賞

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

以前からこのミス大賞ということで読みたかった作品。この完成度、びっくりしました。音楽作品かと思いきやとんでもなかったです。も一度読んでみたら火事の際の描写の中でひょっとしたら気付くヒントがあったかもしれないです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本贖罪の奏鳴曲

2016/11/08 13:22

あっと驚く

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ドンドン引き込まれて読み続けました。展開が途中から急激に早くなりしかも一転、二転。最後はやっぱりこの人かと思いましたが真相が深く絡み合った内容でした。映像化するにふさわしい役者さんはパッとは思いつかないですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ニッチな読者向け

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子供のころに教わった二塁手としての技術が本当にどのくらい正しいのか最近のプロ野球を見ていて疑問に思うことがあったが、本書の内容はそれらを払拭してくれる内容でありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本白夜行

2016/07/17 14:19

何と言えばいいのか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何と言えばいいのか、言葉を選んでしまいます。一つ一つはあり得そうだが、ここまで意図的に繰り返し行動し続けて神経が持つのかと思ってしまいます。続編を改めて読んでみようと思わせる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パーフェクト・ブルー

2016/06/27 11:36

実話?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

実話であったとしてもおかしくないほどのリアリティー。製薬会社の闇の部分は実際はこんなものではなくもっと深いと思いますが・・・敢然と立ち向かおうとした長男が結果死んでしまいそのために遺体にむごい処置をされたのは、物語だとしても理不尽さを感じた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本幻夜

2016/06/24 14:03

恐ろしい女

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こんな恐ろしい女、なんかいそうで逆に怖いです。殺人教唆よりもある意味悪質で狡猾。解説にもあったように3部作としての続編をぜひとも読んでみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本聖者の凶数

2016/06/06 15:50

込み入った展開

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なかなか真相にたどり着けないもどかしい序盤。中盤以降一気に物語が進展し、最後にもうひとひねりありました。読み物としててより映像化すれば、いろいろな伏線がちりばめられている点が際立ったくるのではと思いました。次回作も楽しみです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本秘密

2016/03/29 16:03

秘密はひみつのままで

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

悲しい物語だがエンディングのまとめかたがあとくされのないハートフルなものだったので、読了後に受け入れることができた
人格が残り、娘の体に宿るのだが、年月を経るにつれきしみが生じ、最後には自分を消して娘になりきる。それ自体が秘密だということをお互いに理解してしまうことが切ないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本さまよう刃

2016/03/09 17:14

やりきれない思い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

他の作品でも少年法の是非が問われるものがあったが、ここまで被害者側の感情で描き切ったものは少ないでしょう。それゆえ読了後のせつなさとやり切れなさが心に重く残りました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ストーカー・夏美

2016/02/13 08:25

タイトルが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルで目を引いたので読んでみたが、中身は普通のいい話。主人公シュウの語りで物語が進んでいくが、夏美の視点の語りをはさみ、二人称で読んだ方が厚みが出て良かったのではと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本容疑者Xの献身

2016/01/25 17:07

慟哭

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最初に映画を見て、改めて文庫で読了した。物語の基本ベースはほぼ同じで違和感なく、改めていい作品だと感じた。小説の方では最後の場面がかなりあっさりと描かれていたので少し拍子抜けした。堤真一や松雪泰子の演技が厚みをもたらしていたような気がする

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本赤い指

2016/01/19 09:13

向き合う姿を絡めて

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

事件自体は単純な物語。そこに加賀刑事の親子の対峙や痴呆老人との向き合いを絡めて深いストーリーに仕上がっている。将棋の一指しを通してお互いに分かり合えていたイメージが伝わってきます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

85 件中 1 件~ 15 件を表示