サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ふくちゃんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ふくちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:ふくちゃん

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本しろくまちゃんのほっとけーき

2017/05/22 10:34

母から子へ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子どもが小さかった頃、一緒に楽しく読みました。小さかった娘も今では大学生になりましたが、将来嫁いで母になることがあれば、持たせてやりたいと思っています。時代を超えて読み継がれる絵本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本加害者家族

2016/06/26 12:46

読んでよかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

被害者とその家族が加害者家族を責めるのは、心情として理解できます。しかし無関係な他人がネット等で匿名性をいいことに、加害者家族を追い詰めている様は、正義とは程遠く憂さ晴らしにしか感じません。メディアは煽るばかり。日本は幼児性が重宝される社会だと個人的には思っていますので、幼稚な人が幅をきかせてしまうのでしょうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本リバース

2015/10/15 17:46

イヤミスではない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何かのレビューで、この小説をイヤミスと表現していたが、そうは思わなかった。コーヒーのように苦味があって豆によってその苦味もそれぞれ個性があるように、登場人物によって苦しみも違っている。どうか深瀬が孤独になりませんように。ささやかでも暖かな幸せに包まれますように。それが広沢の望みであると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示