サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ときわ木さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

ときわ木さんのレビュー一覧

投稿者:ときわ木

10 件中 1 件~ 10 件を表示

反対派こそ読むべきです。

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この夏に一部国民が猛反発した、「平和安全保障法制」ですが、何とか可決成立しました。
しかし、まだ反対派による火種がくすぶっているようです。

この本にあるとおり、基本的に、反対派は、安倍政権というより、安倍首相個人を蛇蝎のごとく嫌い、貶めるようなことをしており、それは「反安倍」という結論が最初にある、ということが根本にある訳です。

それを踏まえなければ、議論が成立しないこと、また、反対派(特に、朝日新聞、朝日方放送、毎日新聞、毎日放送、東京新聞、日本共産党、民主党、社民党、日教組、週刊金曜日等)の言う事がいかに根拠なく国民を惑わす妄言であるかを指摘する一方、安倍政権にも反省点(憲法学者の人選を誤ったことや、中国の脅威をなかなか明言せず国民の理解が促進できなかったことなど)もあると言っており、バランスがとれた批評もされています。

平和安全保障法制に批判的な人、不安な人、反対派には是非これを読んでから議論をすることを勧めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

急な時に役立つ一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

慶弔、食事、各種行事その他、広く網羅されており、例えば、結婚式の際のお花の選び方や、和食の作法なども、写真等入りで解説されています。

いざ急に確認したくなった時に役立つ一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一種の懐かしさを覚えます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本の神々、とはありますが、主に奈良県大和地方の神社や祭祀に重点を置いています。

100年ほど前まで都が置かれ、その後も皇室の所縁の地として、いまだに日本を代表する古都である京都は、現代にも通じるものをたくさん擁していますが、奈良は、長岡京・平安京への遷都の後は、古都であっても鄙びた風情を残し、それが却って、古態を留めているように思います。
特に、神祭りに於いて、それが顕著であり、この本を読むと、日本建尊の詠まれた、
「大和は国のまほろば」
の御歌を思い出します。

奈良にゆかりの無い方でも、懐かしさを覚える本です。

また、写真も多いので、神道や神社に興味がある方にもおすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本人なら是非手に取ってみてください。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

靖國神社は、戦後、占領政策に露骨に圧迫されながらも、当時の日本人はこの神社を守り抜きました。
現在、「A級戦犯」合祀の件が、未だに取沙汰されていますが、国内では、共産党、社会党(当時)も賛成し、国民の請願によって、「戦犯」は国会決議で赦免され、「戦犯」という存在は法的にもありません。また、斜面の際の国会決議に際して、関係各国の了承も取り付けるという外交努力もされました。
こうした背景も踏まえて、靖國神社を考えてみて欲しいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本プレステップ神道学

2015/10/21 16:59

「神道文化検定(神社検定)」のテキストにも使えます!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

神道に関して、分かり易く、バランスよくまとめられており、最近見かけるなんちゃって神社早わかり本的なものより、よほど勉強になります。
専門的なことを勉強したい方の入門書としても、専門家の方が初心者の方に説明する際のテキストとしても、「神社検定」対策としても使えますよ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

京の穴場をご紹介!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

実際に行けなかったとしても、誌面の写真を見ているだけでも、うきうきしますよ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本天皇陛下料理番の和のレシピ

2015/10/19 17:20

親近感が湧く本です。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

先帝 昭和天皇さまに仕えた元大膳さんが著者です。テレビでも時々拝見しますね。
掲載されているレシピは、どれもこれも、温かみのある、美味しそうで、ほとんどがすぐ家庭でも作れそうなものです。
実は、自分も、子供のころ、天皇陛下は豪華な食卓を囲んでいらっしゃると思っていましたが、小学生の時に見た皇室の番組で、自分たちの献立とあまり変わらぬものを召し上がっておられると知り、意外に感じるとともに、皇室への親近感を持ったことを、この本で改めて思い出しました。
外国の帝王は、堅牢な城を築いて住んでいます。それは、外敵に備えてということもありますが、革命等で、自国民に殺されるかもしれないから、防御を固めているのです。
それに対して、京都御所は、民衆と同じ平面上に建てられ、一般とは築地塀だけで仕切られています。毎日、国民の安寧と五穀の豊穣、国の安泰をお祈り下さる天皇陛下。国民の税金で贅沢して滅亡した外国の帝王との違いが、食卓にも表れています。
そういうことにも思いをはせながら、読んでいただき、レシピを元に実際に作ってみていただきたい、と思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まずは、お参りしてみましょう!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

護國神社というと、政治的・イデオロギー的な観点から語られることが多いように思いますが、どれだけの人が実際に参拝したことがあるでしょうか。
祀られている方々は、現代の日本人と違い、凛とした覚悟をもって生きて散った方のように思います。
ある英霊のお母様は、「国を挙げて戦っている時代に生まれ合わせたのも運命です。国を守るために、守れる者が出て守らねばなりません。」と語ったそうです。
「戦争したくなくてふるえる」などと言う現代の若者には、到底理解できないことでしょう。
現在の護國神社は、地域の鎮守さまのような穏やかな慰霊の空間になっています。
しかし、遺族の高齢化に伴って、存立が危ぶまれているところもあると聞いています。
英霊は、国の責任でお祀りすると約束したからこそ、皆、戦陣に散りました。その思いは、我々が受け継いで行かねばなりません。
まずは、この本を片手に、各地の護國神社にお参りしてみましょう。
御朱印も載っており、写真も多く、とても見やすく仕上がっていますよ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

それでも中々動けないですが・・・。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

石橋を叩くだけ叩いて渡らない、という自分にはピッタリかと思い、読んでみました。
登場人物が決まっており、物語仕立てで読みやすかったです。
特に、不安や心配は根拠のない思い込みが原因で、それは、幼少期の親等身近な人に影響されたということは、自分にも思い当たるところがあり、それが「インナーメッセージ」となって、自分の行動や思考を縛っている、というのは納得です。
ただ、それを解消するためには、自分にとって嫌な思い出である、不安や心配を発生させた際の記憶を追体験しないといけない、ということがネックになって、本書の内容を自分では実践できていませんが・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ソウル 2014

2015/10/21 16:56

・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

友達に勧められて手には取ってみたものの。。。

やはり韓国は好きにはなれませんでした。

見易くて写真も多くて、そういう点は良かったんですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示