サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ドードーさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ドードーさんのレビュー一覧

投稿者:ドードー

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本光車よ、まわれ!

2015/10/20 13:53

国産ファンタジーの傑作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

詩人で宮沢賢治研究でも高名な天沢退二郎さんによる魔法ファンタジーの傑作です。壮大なスケールと世界観を持つトールキンの『指輪物語』は英語圏の文化の歴史を背景としているのでついていけないところがありますが、天沢ファンタジーは日本のなにげない普通の町を舞台としており、親しみやすく入りやすいです。この本は田園調布や雪ガ谷の喫茶店で書かれたとあとがきにあり、舞台のモデルにもなっています。詩人だけに皮膚感覚のような描写に優れており、楳図かずおさんの作品のような、悪夢のようなリアリティがあります。不気味なアヤカシの者たちは、スイマジンのウラの世界、さかさまの国から水を通してオモテの世界に現れてきて、子どもたちを襲います。龍子と一郎たちは地霊文字を解読して、光車でウラの世界の者と戦います。

『光車よ、まわれ』の世界観は、『オレンジ党と黒い釜』『魔の沼』『オレンジ党、海へ』の三部作、そして2011年に最終巻として書かれた『オレンジ党 最後の歌』をもって四部作となった連作に引き継がれています。連作の方はまだ通読していないので、楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示