サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. しみずひろゆきさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

しみずひろゆきさんのレビュー一覧

投稿者:しみずひろゆき

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本親鸞 1

2015/10/22 15:13

あたたかい文章

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

▼吉川英治さんと言えば、国民的な人気を博す大衆小説の作家として有名です。
亡くなって、はや半世紀が過ぎました。
新聞紙面に踊る「宮本武蔵」「三国志」「私本・太平記」などに、世間中が一喜一憂しました。
今なら、NHKの朝ドラといったところでしょうか。

▼若い頃のご苦労の様子は、評伝などからもうかがえます。作家デビューは30歳過ぎとのこと。
みずみずしい筆致は、あたたかくもあり、「朝の来ない夜はない」などの名句は今も人々の心に明かりを灯つづけています。苦労を重ねられた吉川さんの優しい眼差しは、小説の人物を通して大衆に届いていたのでしょう。

▼ところで、戦後出版された本のなかで、一番多く語られた歴史上の人物と問われたら、誰がベスト・ワンでしょう。
これは、だいぶ前に終了した人気テレビ番組「知ってるつもり!?」(司会、関口宏さん)で放送されたことです。
家康や秀吉などでなく、意外に思われるかもしれませんが、鎌倉時代の親鸞聖人でした。
ほとんど私たちは自覚することなく、親鸞思想を血肉として生きているのかも知れません。
「竜馬がゆく」などで名高い作家、司馬遼太郎さんは「鎌倉時代というのは、一人の親鸞を生んだだけでも偉大だった」と書き残しています。

▼これまで、多くの著名作家が、この東洋の聖者を主人公に選び小説にしてきました。
その人気は、大正、昭和から平成になっても変わらないようです。
抗し難い魅力が親鸞聖人にあり、作家を動かすのでしょうか。
なかでも、吉川英治さんは、実に2度、小説作品にしています。
これまで、最も親しまれてきたのは、講談社文庫の小説「親鸞」でした。
ふと見た広告で、この「親鸞」が、単行本で新たに出版されることを知りました。
最初に吉川さんが親鸞聖人の小説を新聞紙上に執筆されたのが、大正11年(1922)。
あれから、おおよそ100年。
「深遠無二の哲学思想家」「慈悲のかたまりのように優しい」と評される親鸞聖人。
苦労人であった吉川さんの大衆へのあたたかい眼差しは、どうしても親鸞聖人を必要としたのかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示