サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ニコちんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ニコちんさんのレビュー一覧

投稿者:ニコちん

7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本墨と雪

2016/01/11 10:57

平河寮シリーズ

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

平河寮シリーズ「甘い水」「zwei」「天使のささやき」にも出てきた、SITの篠口さんのお話です。
「甘い水」では、口説いていた遠藤さんを神宮寺にかっさらわれてしまったのですが、
本気で悔しがっているようには見えず、本当に遠藤さんを好きだったのか?と疑問でした。
一見人あたりがよくて物腰柔らか、けれどかなり屈折している、よく分からない人物。
そして同じく「Zwei」にちょこっと出てきた得体の知れない公安の黒澤さん。
この2人の話って、うーんなんか地味?得体の知れない2人の話かー。でも大好きな遠藤さんと
神宮寺さんが出てくるだろうしなー、と、そちらを目当てに買ったのですが、
これが読んでみたらすごく面白くて、一気に読んでしまいました。
特に中盤から篠口さんが巻き込まれる、ゾッとする展開にハラハラしっぱなしで、
最後は、あああああ~~~……と脱力しました。
篠口さん視点で話が進むので、今までよくわからなかった彼の人となりが理解できます。
黒澤さんとの軽口のやりとりが面白かったり、黒澤さんの意外な行動や暖かさに
ほっこりしたり。
まだ続くようですが、次回も絶対に読みたい!と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本甘い水

2016/01/10 20:13

平河寮シリーズ最高傑作!

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

キャラ設定がものすごく練ってある。
主人公の遠藤さんみたいなキャラは、なかなか他に無いなーと思います。
かわい先生の警察ものは、受けがなよなよしていなくて
ほんと男前。かっこいい。ひと蹴りで相手をぶちのめす強さなんて、
もうカッコよすぎる。
一途に遠藤さんを思う神宮寺さんのカッコよさにも惚れます。
SITのお仕事の様子もきちんと描かれていて、読み応えあります。
電子で買ったのですが、紙媒体も欲しいと思うほど大好きな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本茜色デイズ

2016/01/11 11:08

切ない……

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高校時代から親友の2人が結ばれるまでの話。
1話、2話、その後のストーリーの3部構成になっています。
主人公の直也も、思い人の英慈も、真面目で思いやりがあって、男らしいノンケ。
でも抗うことのできない恋に落ち、悩み、苦しみ、涙を流す姿は、本当に切ない。
英慈が高熱を出した夜、結ばれたはずの2人なのに、英慈のある勘違いのためにすれ違ってしまいます。
じれったくて直也が可哀そうで、ハラハラしっぱなし。
諦めようと思うのにどうしても諦められない。どうにもならない恋心は、誰もがシンクロできると思う。
丁寧な描写や美しい言葉綴りで、ノスタルジックで透明な世界が広がります。
大きな事件はありませんが、その分、直也や他の登場人物の心の動きが濃密に描かれ、
読後じわじわとした感動がありました。
当て馬の直也の上司や友人の侑が良い味を出していて、この2人にぜひ幸せになって欲しいです。
最後にようやく結ばれた2人のHシーンは、熱くて激しいのに、穏やかな安堵感が。
英慈がどう考えていたのかもきちんと書かれていて、そうだったのか~~!と満足しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本こっち向いて笑って

2016/01/10 20:01

これはいい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1冊目の「スロースターター」が凄く面白くて、Hもないと物足りない派の私ですが、
キス止まりの高校生のお話で凄く萌えてしまって、これは凄い作家さんだ!と、
2冊目のコミックを待ちわびていました。
いきなり告白した筧君は、イケメンだけど無口で人付き合いが下手で、
バイト先の皆に倦厭されている。
告白された浅野君は明るくてそつなく人とも付き合える社交的な男の子。
どうして俺?と悩む浅野君に、筧くんは、告白してきたきり、
なんのリアクションも起こさない、それどころか、「チラチラチラチラ見ないでくれます?!」なんて、
気になって筧君を見ちゃう浅野君にブチ切れてしまうクールさ。
いまいち噛み合わない2人が、少しずつ近づいていく過程が丁寧に描かれています。
中盤から、浅野君の表面上見せている人懐こい印象と実際は微妙に違うのだというのが見えてきて、
キャラクターの細かいところまできちんと設定されているんだな、と感じました。
最後の「え?そっち?」という意外性も面白くて、買ってよかったと思える一冊でした。
ゆるゆる~、っとした会話とか、もだもだした展開がとてもいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本媚の凶刃 2

2016/01/10 19:59

一応の完結

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ハードなヤクザものではありますが、韮沢が一途で可愛くて、
ぎゅっと心臓を掴まれました。
組の抗争が、かなりシビアな展開でハラハラ。
これで完結かと寂しかったのですが、続きがあるようなので
楽しみです。とにかく韮沢が可愛い(大事なことなので2度)。
クレイジーで冷酷なチャイニーズマフィアのボスになぜか萌えてしまいました。
ぜひまた絡んで欲しいです。すごく血を見そうですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍鮮烈に闇を裂け

2016/01/10 19:56

このカップル大好きです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

かわい先生がシリーズで書いていらっしゃる、SATやSIT、SPなどの
警察を舞台にしたお話。
「饒舌に夜を語れ」の主人公2人の後輩たちの話です。
無骨でくそ真面目な飯田さんが妄想炸裂のムッツリってところが
すごく笑えます。責任感の強い、頭のきれるすごくいい男なのに……むっつり。
そして暴走(笑)
でも無理やりじゃないし、愛に溢れているのでいいと思う。
若さゆえに、そして好きすぎて止められなかったのねーという程度です。
受けのアキラくんが、いじらしくて可愛い。先輩たちに可愛がられてはいるけれど、
天涯孤独で寂しくて、施設で受けたひどい扱いの記憶がまだ辛くて、
叶わない恋をしている。
そんな時に、かっこよくて尊敬する班長に迫られたら、応えちゃうよなー、
うんうん、いいんじゃないか、飯田さんいい男だし!ムッツリだけど!
と、俄然応援してしまった。
中盤からの人質事件に手に汗にぎり、臨場感が伝わってきて厚みのある
展開でした。
この2人の話、続きをぜひ読みたい。主に飯田のムッツリ妄想を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍透過性恋愛装置

2015/10/23 21:16

可愛すぎる……!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

若くして一流建築家として成功している北嶋。不遜で自信過剰で嫌な奴!!
と思いきや、初めての本気の恋に、中学生か?!と思うような稚拙な言動。
なんとも可愛いオトコになってしまい、ほろほろと泣く様子を思い浮かべたら、
あんなに憎たらしかったのに、可愛くて仕方なくなってしまった。
練りこんだ人物設定や描写が秀逸です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示