サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. naotoさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

naotoさんのレビュー一覧

投稿者:naoto

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本皇帝のかぎ煙草入れ

2016/05/03 22:53

皇帝のかぎ煙草入れ(創元推理文庫)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ジョン・ディクスン・カーを初めて読んだのがこれ。これがカー初体験だった幸運をありがたく思っています。有名なフェル博士や、HMは出てきませんが、最後のページで、真相がわかる構成はすばらしい。この作品に出合ったことで、今まで、食わず嫌いだったカーの作品を次々読むようになりました。タイトルの「皇帝のカギ煙草入れ」に関しては、これ以外のタイトルは考えられないし、このタイトルによって、世界がぐるりと変わって見えるような気がします。これ以上説明すると、ネタバレになってしまいそうで、書けないのは、カーのこれ以外のいくつかの作品(たとえば「帽子収集狂事件」)とおなじで、うっかりすると、注意深い方ならタネがわかってしまいます。未読の方は、ぜひ1度手に取ってみてください。この時、決して解説や、評判は読まないこと!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

黄色い部屋はいかに改装されたか?増補版

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いわゆるパズラー、本格推理小説といわれるものに対する評論集。特に、モダン・ディテクティブ・ストーリーと都筑氏が規定する小説を論じる手さばきはすばらしい。クリスティの「ABC殺人事件」における、ダミーの被害者、あるいは横溝正史「悪魔の手毬唄」のなかなか表面化しない「見立て」に対して、どうして犯人は、このような方法をとったのか、その必然的な理由が必要だ、とする論旨は明快。実作者としてはハードルが高くなる条件を、あえて打ち出して、その方法論を明らかにしていくのは、痛快。増補版で、さらに佐野洋氏との論争や、その他の機会に書かれたエッセイもくわえられて、読みがいのあるエッセイ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示