サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ナイロンスカートさんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ナイロンスカートさんさんのレビュー一覧

投稿者:ナイロンスカートさん

285 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本禁じられた夜の詩

2016/01/19 11:08

屈折した愛情だけど凄い。

10人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

さすがいとう先生…先生位だよ・・・こんなの書けるのは…

お話としては無償の愛と歪んだ愛です。

王弟は美しく気高い異母兄を尊敬と愛情を持っていた。でも、相手は兄であり、敬うべき王。。拗らせに拗らせ、結果「兄の手で殺してもらおう」という考えになり、兄を不幸にする寵妃の正体を暴くべく、兄の目の前で抱く。

激高した王は寵妃を手打ちにするが、政治的相談相手であり、自分の理解者の異母弟は切れず監禁することに…

この時点で拗れているのに、更に拗らせるのが王弟の世話を押し付けられた下っ端も下っ端まともな服も手に入れられないような真心と実直さが売りの奴隷。

そんな奴隷がかつて王宮に上がる前に助けられた王弟のお世話係に!!浮足立ち誠心誠意努め、王弟に可愛がられ重宝された。

ココで、王弟と結ばれるのか??っと思ったら拗れに拗れ、王弟が殺されることになり、命乞いをしにまさかの王の部屋へ忍び込む。

王は王弟をここまで無償に思う奴隷を得た王弟の人柄に嫉妬し、それとなしに奴隷を抱いたらハマった。

はい!でもここで終わりません!!手打ちにもならず、抱かれて気に入られたけど、王弟へ復讐!とばかりに凌辱したての奴隷を弟へ返しに行く。

王が好きで「もう無理!殺してくれ!」と思っていた王弟はさらにこじれ、「何で奴隷は兄の愛を得られるんだ!」とさらに奴隷を凌辱。

が、拗らせに拗らせた結果、この凌辱は 王である兄を感じる擬似wwwww

もう拗らせが過ぎるwwwwwwけど愛があるし、まとまっている。いとう先生って本当に凄い。というか化け物だわ。凄すぎる。ここまで複雑だけど「純」であり、「愛」にあふれつつ、「爛れている」のはもはや称賛しかない。

泣くし、エロいし、最高でした。。。凄い。。。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本片恋蜜月

2016/01/08 15:43

シンプルでラブでとってもいい

10人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

歳の差だけど、いうほど離れてはいない。

子供の頃の憧れの人で初恋の人。

お互いに旧知の仲ながらヒロインは昔から好きで今も好き。ヒーローは亡き妻の姪なれど会うたびに美しく成長し魅かれる。

国内外の情勢によって理性的に考えていてヒーローは非常に良い。

「ダメだ溺れた→誰が何と言おうと欲しい!」というオラオラ系ではなく、知的だけど狙った獲物を確実に得るために尽力するタイプ。大人の余裕がすっごくいい!!


久々にあたりでしたーーー♪ ラブいし、野性的獰猛さの雄もしっかりあり、知的で大人の余裕があります♪ 買ってよかった作品です♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本甘淫 蜜雨に打たれて

2015/10/29 17:25

個人的にはかなり好き

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

西野花さんの作品が全部OKな訳でもなく、3P以上が好きというわけでもありませんが、少なくとも私は好きな作品でした。

叔父さん居るか?とかありましたが、個人的には居てもいいと思います。ほとんど存在感ないですけど、まぁ間男的な感じで義父と主人公が恋愛?していく上での程よいスパイス的な感じでよいと思います。

個人的にグチャグチャに溺れている受は好きです。
そしてそれが好きで、そうしたくてしている攻の強引さも好き。

暫く大事に読むと思う♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本視淫に溺れる

2016/01/05 10:49

面白かったーーーーー

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

能力が効かない人へ対する興味からの執着と、相性の良さから流されるおが堪らなく良かったです(笑)

視線で操れるのは良い。

しかも、能力を使っているときの描写がとても良い。使われている人間の言動とかすごくリアル。内容がアレなだけにテレビドラマ化とかされないと思うけど、エロ要素とったらテレビドラマ化できるんじゃ?流石に映画とまでは言わないが、それくらいよかった。

読み物としてもエロとしても良い。これはしばらく大事に読みたい!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

きゃーーーーーーー!!!!なんてことーーー!!

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

毎回先が気になりますが、今回は!!今回程次の巻が気になることはありません!!!

主上の独占欲!!!!!!

あーーーーーーーー!!!!すごい!!!!

まっすくで真面目だからこそ、皆が魅かれる沙羅姫。男として偽りながら使えていた時でもそのまっすぐさに皆から愛されました。

それは入れ替わって、本来の性、女で生きても変わらない。まっすく生きているからこそ「美しい」「欲しい」と思わせてしまうのでしょう。

主上との先が気になりますね。。。もしかしたら、入内はせずとも忍びあう・・・ということがあるやもしれません。公式な愛人でない、もはや恋人。ゆくゆくは女御にも??あぁ、咲が気になって仕方がありません!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あたり!!!!

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

よかったーーーーー。たまんない。


人外×人の愛で、とってもきれい且つ一途でとってもラブいです。

ものすごく美しい色に作られた鳥は猛毒。
美しい色の鳥を作った理由。
その鳥を変わらず世話する理由。
その鳥を愛して今生を捨てた理由。
鳥と人が互いを愛することによって生まれた美しい色。

たまらないです。泣きました。いや、普通は泣かないかもだけどブワ!ときた… 買ってよかった!!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍傾国の美姫の初恋【イラスト付】

2015/11/19 15:43

好き

8人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

エロも満足出来る内容だし、思い遣っているのが良いし、ストーリー的にも素敵です。

新刊の時に出会えなかったので、今回電子書籍になりましたが、とても満足のいく内容でした。

まっすく。勘違い。でも純愛。思いやる心。人徳もある。

エロ的にもストーリー的にも満足でした!お勧め!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍白蜜花嫁【特別版】

2016/01/22 14:58

陥没乳首萌えと聞いて…

3人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

はっきり言ってレビューみての買いです(笑)

陥没乳首が「そういう設定」だというのが面白くて…原理としては同じですけど(苦笑)

普段は隠れているからね、敏感なんだよね・・・・!!!!!!!で相当萌えました。ありがとうございます。ありがとうございます。

紐でくくったりそれはそれは大層美味しくいただきました。お勧めです。←

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本誘春

2016/01/20 10:04

濃厚・特濃。そして狂気。

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ぞっとするくらいの執着。そして執着どころかもう狂気。

屈折してもここまで行くかと思うと…という感じ。

究極の「愛する対象」を作り上げるという狂気です。


天涯孤独の男がただただ愛する対象を得るためにすべてを考えて生きるという狂気。

基本的に人が人を愛するのは現物というか、その対象が実在してこそだと個人的には思っているので、それを根底から覆している執着愛です。
だって会ったこともない、見たこともない子供をそこまで完璧に理想の子供とおけるでしょうか?その見えないものに確たる自信を持って行けることが凄い。


天涯孤独→愛する家族が居ない→自分にも愛する存在が欲しい→自分が無償で愛せる対象は子供である→自分の理想の子どもを作ろう

そう思って実行できるか。そしてそれを自分だけの計画として平然と生きて行けるか。
愛する人と家庭を築こう、自分は妻も子供も愛されなかった分愛して行こう…。ではない。

愛する人はいろんな状態で別れる可能性がある。そうなると恋愛だけではない唯一無二の存在で愛せるもの=子供。その子供を作成するところから始まってて凄いと思った。ここまでの執着愛。どうして子どもはこういう感情・こういう癖があるのか。。。

すべてには理由がある。という作品です。凄い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

Webも読んでます!!

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

Twitterで興味を持って、Web掲載も読める分だけ読みましたが、とても面白い!

単行本になって、読んでも面白い!!!買ってよかった♪

続編早く出ないかなーーーと今から待ってます(笑)

ぽん太の弟分もできたし、続編期待!!!Webでもいいけど、単行本は余すところなく読めてよい♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本コオリオニ 下

2016/06/30 12:01

面白い。

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

個人的に上巻は問題提起という感じ。仕事、互いのビジネスとしての癒着、利用。デカの内面もよくわからなかったし。。。

しかし下巻はデカの内面が実は・・・!!!!みたいな感じになって、とても凍えてた。それが馬鹿らしくなって吹っ切れて、自分の道を行く感じはもうすっかり悪いデカだ。
対するヤクザの

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本コオリオニ 上

2016/06/30 11:53

映画ですか・・・

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一つ一つ濃くて重い。一冊読み終わるのがすごく時間がかかる。漫画ですが、すごく時間がかかります。
映画みたいに人間関係が複雑で、虎とタヌキとキツネばっかりで頭すごく使います。

純粋な思いなのか、仕事なのか、、、利益を生むための関係だったのですが・・・とても重いししっかりしているし、読み応えあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

早く新刊読みたい!!!!

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

面白い!!面白かった!!!

あぁぁぁ。密会が失敗し、一気に物事が動いた!

睡蓮は帝への敬愛から愛を持ち、弟は東宮への想いも抱えつつきちんと自立への道を進み、帝も睡蓮への愛情を隠さなくなった。

そして睡蓮はついに帝のものに…!!

新刊なのに早く10巻読みたい!!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本喰らい殺す神の嫁

2016/01/27 12:02

読み応え有る作品

4人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

奈良時代とかそんなくらいの時代の話かな? 要素的には「ものの○姫」的な感じも。

豪族がいて、中央の帝が居て、土地の神が居る。その神のお話。

滅ぼされた豪族の姫でその豪族特有の炎を扱う能力がある姫(元)が山神である犬神のいけにえになる話。

生贄として悪しき山の神、犬神を討つべく行くが、気に入られ嫁として囲われる。

でもただのお話ではなく、いろいろ重いお話だった。

山神が人と決めた協定と、豪族と中央の勢力と、鉄が作り始められた時の豪族間の戦、そのすべてが絡み合うお話でとても良かった。

本来は人間は信仰するのみで神と接触できるのは巫女か。その巫女も能力のある(神の言葉を理解できる)巫女とそうでない巫女が居ると思う。

まず、基本的に巫女が能力ありきであること。神は人との交流を持ち、豪族と神の域(自然)との協定を結んでいるということ、というファンタジーと、豪族の利権・中央との政治的話、その時の戦の理由(何が欲しくてどこを攻め、滅ぼしたのか)というお話、山神といけにえに自らなって山神を討とうとした元姫と山神の恋愛?模様。

でも、恋愛の要素よりも政治的お話が面白かったなーーー♪

とっても読み応えあった!そして、自らの意思で嫁となった元姫のラブいのもよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本鬼恋

2016/01/20 10:17

巻頭のお話が好き。

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

短編で、3つの鬼の話があります。

それぞれ違う鬼で関連性のないお話。時代は同じかも・・・くらい。

・巻頭 … お稚児×鬼
・巻中 … 村の巫女的癒し×鬼
・巻末 … 角の無い鬼×角のある人間(鬼)

です。受け×攻め の順で書きました。

巻頭のお話が大好きです。信長の高野山つぶしの前のお話。
高野山の稚児は基本的に10代も後半になれば後の身の振りが決まるはず。権力を持つ寺との縁をつなぐために両家の子息(次男以下)が入れられたり、単純に身寄りがなく入れられたりするが、10代後半にもなると「お稚児」といえなくなる部分が多く、実家に帰ったり、仏門に入って修行僧となったり身の振りが決まるはず…

なのに、20歳にしてまだまだ高位の僧の稚児として留め置かれる稚児。その憤りと虚無感。

そして、出合う鬼。鬼が教えてくれた感情。隠されていた高野山入りの理由。絶望。復讐。そして愛情。

もう素晴らしい…たまんない…  巻頭のお話が一番好みだったので、そればっかり繰り返し読んでます。。。

巻中の作品は、私愛の無い「公衆便所的凌辱」は好きでないので、あんまり…鬼の美しさや内面も巻頭の鬼のが好み…

巻末の角の無い鬼×角のある人間(鬼)は終わりがドロドロであんまり… 絵も美しいし、個人的に巻頭のお話を無限リピです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

285 件中 1 件~ 15 件を表示