サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. マロンさんのレビュー一覧

マロンさんのレビュー一覧

投稿者:マロン

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本恐怖の谷

2015/11/05 15:38

ここには全てが詰まっている

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

言わずと知れたシャーロックホームズの長編ものの一冊。昔呼んだ記憶はあったが、どんな話だったかすっかり忘れていた。今回初めて読むつもりで読み直してみて、舞台設定や謎や話の内容もまるっきり忘れていたことに気がついた。故に第一部のトリックも第二部のどんでん返しもその謎などが明かされるまで全く分からなかったり、見当違いの予想をしていた。勘のよい読者なら両方とも早くに看破出来ると思う。しかしドイルの二部構成の長編は他の同じ構成のものと同様、何故それが行われたかという動機の部分を重視しているので、その動機の解明にあたる第二部では炭鉱の町で男たちの物語が繰り広げられる。法に対する無法と残虐な殺し、友情と裏切り、個人と組織、恋愛と恋敵、そして上述のどんでん返しがあり、個人的に第二部の濃密なドラマに引き込まれた。19世紀のアメリカ、ヴァーミッサの町に一人の無法者らしき男がやって来るところから物語は始まる。この主人公を通して谷一帯を支配している「スコウラーズ」という殺人集団の悪と法との戦いが描かれていて、そのすさまじい闘争や展開にドイルの筆力には感嘆するばかりである。個人的に、主人公の様な魅力溢れる男性が現実にもいたらいいなと思った。今回ばかりはさすがにホームズもこの主人公の前に存在感が薄れてしまっているのもまたこの小説の魅力だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示