サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 鋳掛屋喜助さんのレビュー一覧

鋳掛屋喜助さんのレビュー一覧

投稿者:鋳掛屋喜助

紙の本ナイト・マネジャー 下

2016/06/19 20:21

名人芸は永遠に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これ程読者を翻弄するル・カレは珍しいのでは?手に汗握るサスペンスと暴力の連続。武器商人一味に潜入した主人公は任務を果たせるのか。愛する女性は助かるのか。いつもの皮肉な結末で終わるのか。今回も期待はいい意味で裏切られます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本孤狼の血

2016/06/19 20:09

柚月裕子は男の中の男か

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

よくある刑事もの、やくざもので、見たことのあるような、読んだことのあるような場面が連続するが、なぜか全てのシーンがみずみずしく、新鮮に見える。また主要登場人物の殆どが男気に溢れ物語に引きずり込まれていく。これを本当に女性が書いたのか、と、ただただ関心するばかり。誰もが言ってるでしょうが早く続編を!!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本容疑者

2015/12/09 23:11

ぶっちぎり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私が2015年に読んだミステリーの中で、ぶっちぎりの第1位です。アレックスなんか目じゃありません。犬好きの人も、そうでない人も誰もが涙に溺れる感動作です。ロバート・グレイスの作品は初めて読んだので他の著作も片っ端から読んでやろうと検索しましたが、ほとんど<取扱できません>でした。
早く再発売してくれ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本悲しみのイレーヌ

2015/11/13 12:13

結末は解っていたが。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アレックスを読んでいたので、結末は解っていたが、それでもせつなかった。お約束通りに展開しないのは、あざといと思いながらも読まずにはいられない。最新作は来月読みます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する