サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あいんさんのレビュー一覧

あいんさんのレビュー一覧

投稿者:あいん

16 件中 1 件~ 15 件を表示

歴史を学ぶ意味

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今、世界で起きている問題、北朝鮮を巡るアメリカ、中国、ロシアなどの強国の姿勢、そして単純ともいえる日本の立ち位置など、なぜそうなるかを紐解くには民主主義成立の背景を知ることが大切なのだと気付かされました。民主主義にすれば世の中(世界)は良くなると短絡的に考えがちですが、決して民主主義が平和をもたらすものではないことを知ることができる1冊です。大学生の息子にも読ませたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

右?左?

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

国家的犯罪行為が、左や右の思想団体の影響を受けていたとは驚きです。進展しないというより、進展させないという事象に、他人ながら苛立ちを覚えます。政治家が、「解決」を目指して行動してくれることを願います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本会議 戦前回帰への情念

2016/07/21 08:14

マスコミとは

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なぜ、今までにマスコミが殆ど日本会議に関する報道をしてこなかったのがが不思議でした。昨年から各局のキャスターが芋づる式に交替するなど、不可解な現象も起こっています。それらの原因が、この著者を読めば、何となく判るような印象です。思想や教義、大義を押し付けるような息苦しい社会にならないように注視したいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本「北の国から」で読む日本社会

2017/11/20 18:18

思い出すだけでなく、今を見つめるために

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1990年代以降の経済の中で、携帯電話やスマートフォンを筆頭に目覚ましく進歩したコミュニケーションツールが、実は人を幸せにしていないことを気付かせてくれる一冊かと。亡くなった親父世代(昭和ひと桁)の黒板五郎と、その次男の自分自身である純と、我が子世代(今の大学生・中学生)、それぞれが目を通して話し合ってみたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一揆の原理

2017/08/09 18:13

応仁の乱を読んでから

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

呉座さんの本は「応仁の乱」に続いて2冊目です。私の一揆に関する知識は歴史の授業の域を出ず、食うに困った農民たちの暴動というものでしかありませんでした。その一揆が目指したものは実は世直し等ではく、単なる条件闘争(着地点を見据えた駆引き)であったというのは驚きでした。呉座さんの文章は論考を基にして淡々と書かれていますのでたいへん読みやすく、頭にすーっと入っていきます。一読の価値ありです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本当の保守とは

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

保守という言葉が胡散臭くなってきた昨今、あらためて保守ということを考えてみたくなり、この本を購入しました。フランス革命期から現代日本まで、本来の保守と保守を標榜する右傾化とが、同じステージで語られていることを何となく認識できました。何ごともバランスが大切であり、極端に傾き過ぎないように意識して見守っていきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本昭和天皇・マッカーサー会見

2017/02/15 08:11

知っていたつもり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今のアメリカ(トランプ大統領就任後)に漠然とした不安を抱き、安保モノを読みあさっています。敗戦(1945年)から70年が経過し、歴史の手前まできています。思い込みに流されない、警鐘となり得る1冊だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒書院の六兵衛 上

2017/01/15 14:20

大切なもの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

幕末の江戸城無血開城は、動乱の中の1シーンとして知識としては知ってはいても、その機微については、特に何も考えたことはありませんでした。まるで現代の住宅引渡しのように、形式的な手続きだけで引渡されたように勘違いしていました。浅薄です。
六兵衛という登場人物を通じて、武士(=人)の「矜持」を考えさせられました。「壬生義士伝」と併せて読めば、幕末動乱期の「動」と「静」を感じられる良書だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本日本残酷物語 5 近代の暗黒

2016/12/26 15:48

格差の話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

格差問題が言われて久しいことから興味を持って読みましたが、明治~戦後の厳しい生活状況(女工や炭鉱、貧民窟)も、今の格差(派遣やシングルマザーなど)や貧しいく苦しい生活と共通する部分が多くあるように感じました。この本を読んで、政治の何たるかをあらためて考えてみたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本罪の声

2016/10/25 08:04

その後への視線

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今まで、森永グリコ事件の本をフィクション・ノンフィクションに関わらず乱読してきましたが、事件に関与した子供たちのことはあまり考えてきませんでした。子供の声による録音テープは、犯行の単なる1トピックスであり、捜査を混乱させるための1ツール程度にしか受け止めていませんでした。でも、本作品のように、訳が分からぬまま実行犯に誘導されて犯行に加わり、その後の生活(人生)を息苦しいままに送ってきたのではという視点は、背筋を凍らせる恐ろしさがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

歴史の流れ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

不安定な時代を漠然と過ごす中で、やはり大切なことは、近現代の歴史を振り返ってみて、今の状況と似通った時期があったことを再確認することである。過去と同じような不幸な時代が再来することを防ぎ、平和な道を選択することが重要であることを、この著書があらためて教えてくれるものと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本さらば、資本主義

2016/03/02 17:44

現状を省みて

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この数年の政治及び経済状況をみて、何かがおかしいと悶々とした日々を送っていましたが、この一冊でその原因らしきものを再認識できたような気がします。人口問題や格差問題に目を伏せてばかりいては、何も解決しないのは明らかです。次なる一歩を見つけるためにも必読の一冊だと思います。この本を契機に、著者の最近の本をまとめて読んでみようかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本JR上野駅公園口

2017/03/03 17:13

3.11を忘れずに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

もうすぐ3.11、あの日からまる6年。随分と時間が経ったような気もしますが、廃炉に向けた展望が見えず、デブリの状況も全く掴めていない現実。福島から避難してきた子ども達が虐めにあい、切ないニュースが終わらない。現実から目を背けず、現実に向かい合うきっかけになる1冊になるかもです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今こそリベラル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

米国新大統領の発する言葉に、ついつい暗い気持ちになりがちな今日こそ、自由というものを今一度考えてみたい。ソーシャルメディアの発達のおかげで、「発する」方法は随分と簡便化したものの、ゆっくり考えて論ずることの大切さが軽視されているように。自由を獲得するために先人が被った犠牲を振り返り、これからの道標にしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アメリカひじき,火垂るの墓

2016/01/17 13:02

映画ではなく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

火垂るの墓は、映画(テレビ)で見ていましたが、野坂昭如さんの訃報に接し、あらためて文庫を手にしてみました。映画でのシーンと野坂さん独特の文章が相まって、読中・読後と胸に迫るものがありました。最近の国際情勢や日本の政治動向を踏まえ、今一度子供たちにも読ませたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

16 件中 1 件~ 15 件を表示