サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. いぬかいちゃんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

いぬかいちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:いぬかいちゃん

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本一九八四年 新訳版

2015/11/22 00:23

筆者はなんて世界を想像したんだ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読み始めたときの印象はこうだ。「こんなに壮大なテーマの小説が、たった450ページ程度の文章量で完結するのか」と。
本書を読み終わった後、筆者の筆力、構成力に感動してしまった。「見事に完結させてしまった」と。

本書は3部構成になっている。第1部では、党の独政に疑問を持つ主人公ウィンストン・スミスの紹介や彼のおかれている立場、環境の描写。第2部では、ウィンストンが党に支配されない女性、ジュリアと出会い、惹かれていく過程。第3部では、秘密の活動をしていた2人がついに党に見つかり、監禁され、厚生されていく話。党の象徴、ビッグ・ブラザーを疑っていたウィンストンが、最後にはビッグ・ブラザーを愛するまでになってしまう。

ここで描かれているのは完全な服従を強いるディストピア社会において、「人間はどうあるべきか」であり、また、全体のテーマとしては「人間とはなにか」である。

熱愛していた2人が党の厚生によって、それ以後に会ってもお互いにまったく興味を示さなくなるほどの党の徹底教育ぶりには、背筋が凍る思いを覚えるとともに、「なんて想像力だ」と筆者に感嘆の意を示すばかりである。

やはり、当時イギリスの植民地であったインドで生まれ、イートン校で学び、警察での勤務を経てその後放浪の旅をした筆者は、自分の想像もつかないような経験をしたに違いない。そういう経験をした筆者が書いた本が自分の想像の範囲に収まることはありえなく、本書を読むことで深い感動を覚えるとともに、「これは良い本を読んだぞ」という感想に至った次第である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

筋肉の仕組みや働きをより分かりやすく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人の全身にある筋肉を、カラーイラストで分かりやすく説明した筋肉事典・図鑑です。
僧帽筋や大胸筋などの有名な筋肉から、比較的マイナーな筋肉まで、全身のあらゆる筋肉が網羅されているので、人体について興味のある人や調べたい人にはぴったりだと思います。
各筋肉ごとの説明も分かりやすくてgoodです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示