サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ほたるさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ほたるさんのレビュー一覧

投稿者:ほたる

3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍寝ても覚めても本の虫

2016/03/31 09:49

こんな読書家になりたい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本当に本がお好きなんですね、この方は。本棚の重みで床が抜けそうになったり、本を買いすぎて奥さんと険悪になったり、翻訳が待ちきれず原書に手を出すようになったりなんて、それもジャケ買いでハードカバーを買いまくるなんて、とても真似できないけれど、児玉さんの本を読む姿勢は真似しようと思います。世界情勢とか出版界の動向なんかもちゃんと捉えているんですよね。それは本を読むことをもっと面白くしてくれるポカリスエットなのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本花のあと

2016/01/31 04:00

この作者の安定と意欲、両方がうかがえる短編集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

武家もの、市井もの、取り混ぜて8編。どれも面白かった。クリスマス・プレゼントの一部として友人からもらって読んだのだけれど、彼も以前読んだとかで、正月に会ったとき感想を語り合うと、それぞれ違う作品が気に入っていて、読んだあとにも楽しめる本だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍随想 暮らしの流儀をつくる

2015/12/13 11:43

鶴見さんらしいエッセイ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

鶴見さんの著作にはずいぶんいろいろなことを教えてもらった。しばらく本も読み返さないでいるうちに亡くなってしまったので心が痛んだ。ハーバード大卒の哲学者で反戦活動家で民衆芸能研究家で生活者でもあった。教授を辞めて主夫に転じて周囲を驚かせた。本書は1970~80年代(おそらく主夫時代)にさまざまな雑誌に書いた随筆を集めたもの。初読だが、鶴見さんらしい天衣無縫さと気まじめさの混在を楽しめた。鶴見さんの著作がもっとたくさん電子化されればいいと思う。でもこの本の場合は、「電子書籍」じゃなくて紙版の本をスキャンしただけみたい。読みやすいか読みにくいかということよりも、なんだかすっきりしなかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示