サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. よしさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

よしさんのレビュー一覧

投稿者:よし

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ファミコン時代の子どもたち

2015/11/29 00:18

ファミコン好きの大人から

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今となっては昔の話。ファミコン全盛期が終わり,スーパーファミコンが発売されて数年が経った頃の話。そして,子どもにとってファミコンが悪とされ,大人や社会がテレビゲームを悪としていた頃の話。

そんな頃,すでに大人であった著者が,そして,自分自身ゲームに熱中していた著者が,ゲームについての大人や社会の誤解を解きほぐす……どころか,ゲームの魅力を語る内容です。

ゲームについて全く無知な大人向けに書かれているものなので,ゲーム好きにとっては,今更何を……というような内容でしょうが,逆に,その時代の固有名詞がたくさん出てきますので,懐かしい気分にも浸れます。

また,その当時の大人が,社会が,そして著者のようなゲーム好きの大人がどんなことを考えていたのか……,私自身も大人になり,子どもも持ち,なんとなくそんな気持ちもわかるような,でも,私自身の子どもの頃のファミコンの思い出は強烈だったからこそ,そして,ファミコンなしの子どもの頃は考えられないことを考えると,複雑な思いになるというか……まあ,そんな気分に浸れる作品です。

テレビゲームの行方ということで,最後にまとめていますが,今のゲーム業界のこの現状を,ほぼほぼ言い当てているような気もして,さすがゲーム好きの著者だと思わされました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示