サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. okhさんのレビュー一覧

okhさんのレビュー一覧

投稿者:okh

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本危機の宰相

2015/12/16 18:35

経済政策が奏功するための条件

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

農業所得倍増という言葉が政権与党からあがっているようだが、人間の生活に、生き死にに関わる重要な政策なのに中身のない無責任な議論だと思えてしょうがない。「思い邪なし」が刊行時のタイトルのこの書籍を読むと、経済政策の立案には経済理論と現状分析の両輪なくしてはありえないし、そうでない政策は、民主党政権下のデフレ経済のように生活を破壊するものでしかないということがよくわかる。
主人公の下村治は、ケインズに学び実践したという意味でサミュエルソンに匹敵するのではないだろうか。アカデミズムと一線を画したためか、下村の知名度は今の若い人たちにはいまいちのようだが、城山三郎の「官僚たちの夏」の主人公と同じ時代を生きたエコノミストとして見直すと、奇跡の経済成長を演出した下村と、ホンダやソニーをつぶしたかもしれない通産官僚との対比が明確になる。
通産官僚が国民経済を守るという「正義感」を振りかざすと経済は停滞しかねず、対して、下村の実体経済の潜在成長力を正しく見通した上で、経済理論のセオリーにのっとって策定される政策との大きなギャップはなんなんだろう。
経済とは人間の感情とは独立して動くもので、まさに「冷たい頭脳と熱い心」がなければ、経済政策とは国を亡ばしかねないものだ。実際、長いデフレ経済は日本の社会に深い傷跡を残したし、衣食足りぬゆえに、人心荒廃したともいえる。世の中を明るくする経済を実現するにはどうすればいいのか。多少なりとも、国の行く末を憂えるような気概のある若い人には、ぜひこの本は読んでおいてもらいたいものだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示