サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ななちゃん大好きさんのレビュー一覧

ななちゃん大好きさんのレビュー一覧

投稿者:ななちゃん大好き

30 件中 1 件~ 15 件を表示

登場人物が素敵すぎる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マクラウド女史の描く人物象を一旦好きになれば、必ずそのストーリーも好きになり、
全て読まずにはいられなくなるという、中毒性があるように思える。
ミステリーにはプロット・トリック他必要不可欠な要素が有るのは重々承知で、
そんなものは女史の小説には当てはまらないような気がする。
絶版になっているもの全て再発を望むおやじです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本招かれざる客たちのビュッフェ

2017/01/30 09:47

人間嫌いになるかも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何度読んだだろう。短編集は特に話の筋を忘れている事多いので、好きな作家の短編集は手放せないが、これはまさしく最高の短編集。ただし嫌ミスもしくは後味の悪い話もそこそこあり、人間嫌いになるかも。非常に有名な「ジェミニー・クリケット事件」や「カップの中の毒」、「この家に祝福あれ」等々、これだけでも買う価値ありますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

緑は危険

2017/01/21 10:49

傑作だとは思うが…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

古典パズラーである。ただし純粋に推理できる読者はいないはず。ミスディレクション・複雑な伏線・ややこしすぎるセリフと一生懸命読書に没頭しても謎はとけない。この作家特有の性格描写は時には「こんな人いるか」「こんなセリフはくか」となる。恋愛観ははちゃめちゃな気がする。ただハウダニット・フーダニットに関しては秀逸か。日本語タイトルも意味深。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ひよこはなぜ道を渡る

2016/12/28 08:10

シリーズ最後だがやはり読ませる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

トビー・ジョージのコンビシリーズも5作目をもって終了。もっともっと読みたい大好きなシリーズとなっておりました。今回も登場人物がいろいろな思惑で勝手な動きをするので、謎解きは非常に難しくなっております。読了後あらためて伏線やミスディレクションをたどっていく作業も心地よいひと時でした。おすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

年も明けていないのに読み込み

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あまた存在するますます人気の箱根駅伝ガイドブック。今回もこれが決定版。紙面が見やすく、個人選手の分析手法が論理的。とはいいながら他のガイドブックも購入できるものは全て購入済み。これらを保存しておくと金の卵たちが成長、実業団やオリンピックにはばたく過程が記録できる?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本猿来たりなば

2016/12/24 12:28

シリーズピカ一の切れ味

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

このシリーズ、同じ翻訳者(女性)が手掛けているが、タイトルも絶妙なさじ加減。事件の発端がチンパンジーが殺されるところも急激に物語にのめりこむ要素。またいずれの話も表紙イラストが読後、なるほどと思わせる素晴らしいイラストなので、読んでいる最中に時々イラストをじっくり眺めましょう。久しぶりの一気読みだわ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自殺の殺人

2016/12/21 09:57

ますますおもしろく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

トビーとジョージの強烈ユニークなコンビが大活躍のこのシリーズも第三弾でますますおもしろくなってます。非常にややこしいストーリーですが、登場人物のキャラが立っているので読みにくいという事もなく、このシリーズ通して同じ女性翻訳者がなかなかお洒落な技を見せています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本証拠は眠る

2016/12/10 12:30

久々に感動した

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これすごいです。プロット・トリック・ミスディレクション・ハウダニット・フーダニットとどれをとっても超絶本格ミステリーだと思います。もちろん時代がかっている事は承知の上です。しばらくしての再読も楽しみ。この著者の今読める作品が非常に少ないのは残念至極。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本髑髏城

2016/12/05 08:29

探偵ライバル対決もの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

髑髏城という怪奇でクラシックな舞台といい、ドイツ・フランスの対決軸といい、いささか古めかしさが全面にたってしまうが、飽くことなくすらすらと読み進め、あっというまに読み終えた。おぼろげながら真相がわかった気がしたのだが、残念。やられた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本猫と鼠の殺人

2016/12/01 10:48

カーは好きだけど

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ディクスン・カー(カーター・ディクスン)は読める本は全て読んできたけど、これはカー好き以外の方が読んだらひっくりかえるかもしれない。ご都合主義な展開とまずありえないトリック。これがカーの味ではあるのだが。しかし私は高得点を与えよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本九つの解決

2016/11/18 08:21

一気読み

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

出だしから最後まで一気に読めました。犯人は途中でおぼろげながらわかりましたが、興ざめにはならなかったです。最後の探偵役の解決に至る推理メモは非常に丁寧な論理的展開で納得感がありました。ただ犯人の非常に賢い部分と愚かな部分が共存しており、こんな人物いるかなという思いもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

50代以上のビートルズ・洋楽ファン必読

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

50代以上の洋楽・ビートルズファンにとっては青春時代の行動そのものが著者とまったく一致すると思われる。カセット録音や友人とのレコード貸し借り等々、懐かしくて懐かしくて。オーディオファンにも楽しく読めることをお約束。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本浮かんだ男

2016/11/07 08:29

いつもの読後感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シャーロット・マクラウドの著作は全て読むと決めており、プロットやトリックに新鮮味がなくても読後感は上々というのがいつものこと。しかしこの作品の犯人は予想もしなかった。登場人物の魅力イコールこのシリーズ最大の魅力です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本幻の女 新訳版

2016/02/06 12:38

新訳も良い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

旧訳の方が良いと巷のうわさがあったが、好きな本は基本的に
改訳時には購入、即読んでみるという性格です。
読みやすく、旧訳に比べ改悪なんてとんでもない、良かったです。
新装具合いも個人的に好みで、まだ購入していない人、書店に走れ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ここの編集が一番

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

箱根駅伝はここ10年以上かぶりつきで楽しんでいるが、
ガイドブックを購入したのは初めてです。
書店に出ている分は無駄遣いを承知で複数冊購入しましたが、
これが一番読み応えがあり、役立ちました。
来年以降もこの編集社で浮気はよそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

30 件中 1 件~ 15 件を表示