サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. りんごさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年3月)

投稿数順ランキング
先月(2017年3月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

    3月のライオン(1)

    3月のライオン(1)

    羽海野 チカ(著),先崎 学 (将棋監修)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    はらぺこあおむし 改訂

    はらぺこあおむし 改訂

    エリック=カール (さく),もり ひさし (やく)

    5つ星のうち 4.5 レビュー詳細を見る

りんごさんのレビュー一覧

投稿者:りんご

9 件中 1 件~ 9 件を表示

わかりやすい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

仏教の創始者のお釈迦さまが何をおっしゃったのかを、わかりやすく解説しています。釈迦の仏教とは、自己鍛錬システムだ。との言葉に、とても惹かれました。自分を救えるのは、自分自身である。仏教は宗教ではなく、生きる知恵、哲学だなという思いを新たにしました。入門にぴったり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大人もこどもも楽しめる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

それほど期待していなかったのですが、なかなかよかったです。
中学生の息子と一緒に楽しんでいます。
禅が身近に感じられますし、とてもわかりやすいです。
英訳が併記されているのもGOOD!
見開き1ページで完結なので、
気が向いたときにぱらぱらめくれるところもよいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人生まだまだこれから

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ひょうひょうとした語り口で、優しく、時にちょっぴり厳しく、背中をそっと押してくれるような1冊。
人生まだまだこれから。自分次第。
人生を楽しむちょっとしたコツも随所に書かれていて、今すぐに取り入れられることがいっぱい!
自分のこれからの人生が楽しみになってきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本こころの処方箋

2015/12/23 23:58

必携の書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

心がざわざわした時に、ふと開きたくなる本。「こころ」が、ふわっと軽くなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本幸せになる勇気

2016/04/13 09:02

中学生

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中学校の教師として悪戦苦闘している青年と哲学者との対話。
「嫌われる勇気」において、哲学者と対話を重ね、
その後、アドラー心理学を実践しながら再度壁にぶつかった青年は、
難しい年ごろの中学生を持つ母親である私と重なる部分もあり、
前作以上に興味深く、一気に読み終えました。
より深く理解するために、折に触れて再読する予定。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

再会!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

うれしい再会がいっぱい。大人になった今、改めて読み直してみたい作品がたくさん掲載されていました。でも、お母さん目線で読んじゃいそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

仏教の敷居が低くなります

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一般的な日本人の仏教入門としておすすめの一冊。知っているようで知らない仏教。仏教の基礎、日本仏教の歴史など、わかりやすい解説で頭にすっと入ってきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

家族とは

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大好きな河合隼雄先生の著書。ほかの本も読んでいたので、内容については、すっと頭に入り、腹落ちしましたが、この本だけ読んだ方はどのような感想を持つのだろうか、とふと、思いました。
家族とは。子育てとは。生きるとは。
現代の子育ての難しさを再認識すると共に、未来に向けてのヒントも得られる1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本超訳ブッダの言葉

2016/02/08 13:43

敷居が低い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とにかく分かりやすい。
けれど、そのふわふわ感がちょっと軽すぎるようにも感じた。
とにかく敷居を低くしたのだろうが、
その代わり、ブッダの言葉の奥深さや重みが損なわれているように感じた。
ブッダについて何冊か本を読んだり、お話を聞いたりした後だったので、そういう感想を持ってしまったのかも。
仏教には縁もゆかりも、興味すらない、という人には、おすすめ。
私は、ブッダの考え方、好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示