サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. おたまさんのレビュー一覧

おたまさんのレビュー一覧

投稿者:おたま

11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本流星ワゴン

2015/12/26 22:18

再生の物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一面残酷だけどとても優しい家族の再生の物語。チュウさんのキャラクターが最高です。親子や夫婦、葛藤しつつでも離れられない絆が感動を呼びました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キマイラ 12 金剛変

2015/12/26 14:35

ガンバレ九十九!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

坂口君、いつもやられてちょっとかわいそう。 ガンバレ九十九!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本動機

2015/12/26 14:33

素晴らしい作品集

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いずれも凝った筋立ての中篇4話でした。特に表題作の「動機」は本当に見事。緊迫感、登場人物の魅力、さすがの出来でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ネタが最高

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

たいへんに魅力的なキャラクターであるしのぶセンセにもう会えないことは残念です。いつかまた新藤刑事とのその後等、続きが読みたいと感じているのは私だけではないでしょう。教え子たちとの会話のセンスも最高でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本海賊とよばれた男 下

2015/12/26 22:15

スケールの大きな生き様

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

スケールの大きい生きざまに驚かされました。ただ、立場の異なる周りの人たちから見ると、かき回される印象もあったのだろうな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本海賊とよばれた男 上

2015/12/26 22:14

感服

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

実話に基づく物語ということですが、国岡氏をはじめ登場人物たちの見事さに感服させられることしきりでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本逃走

2015/12/26 14:31

意外な展開あり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

薬丸さんの作品らしく犯罪加害者・被害者が登場し葛藤が生じる中で謎が徐々に解き明かされていきます。終盤では想像を超える意外な展開もありさすがと感じさせられましたが、これまでの作品に比べると裕輔の両親の行動への共感等、感情移入度合いは若干低かったかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本深紅

2015/12/26 14:30

衝撃の幕開け

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前半の衝撃と、後半の緊張感。奏子と未歩、ともに本人には何の罪もないにもかかわらず重いモノを背負って生きなければならないふたり。奏子の心の動きに慄きつつページをめくる手が止まりませんでした。最後は最悪の結末とならずに本当にホッとしました。何も知らずに奏子と別れ、もう再開することはないであろう未歩は、最後まで何も知らずにいた方がきっと良かったのでしょう。二人のこれからの人生に少しでも明るい陽が差し込みますように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本同級生

2015/12/26 14:28

東野さんの学園ミステリ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

学園ミステリとしてはセンセーショナルな内容で、書かれた当時としては尚更だったと思います。人間関係から生じる事件であるあたり、東野さんらしい作品で佳作だと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本死命

2015/12/26 14:34

動機が受け入れられず

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

薬丸さんは大好きな作家ですし、かなりの大作を一気に読ませる筆力とページターナーぶりには相変わらず感服ですが、本作は私にとっては期待以上のモノとはいえませんでした。期待値が高すぎることもありますが。主人公の一である榊の殺人の理由が到底受け入れることができないものだったというのが最大の理由。もう一つは純粋キャラの澄乃があまりにも鈍感すぎてちょっとイライラしてしまったこと。次作に期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本光る牙

2015/12/26 14:28

自然の力

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私のお気に入りカテゴリであるヒグマもの。ヒグマと人間との戦いが主軸だが、非常に迫力ある描写の嵐のシーンで、自然の力そのものがもう一つのテーマであると強く感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示