サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 法務マンさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

法務マンさんのレビュー一覧

投稿者:法務マン

6 件中 1 件~ 6 件を表示

六法と言えばこれ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

法律実務の基本は条文解釈であり、当該条文の裁判例を探すのは当たり前の話しですが、その当たり前をすぐに可能にしてくれる六法。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

企業法務部員必携

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

共同研究開発契約は、一般的に知財部門が管轄している企業が多いのではないかと思います。しかし、当然法務部にも相談は来ます(契約ですから)。
本書では、共同研究開発契約についての考え方や有益な情報が網羅されており、非常に良い文献だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本契約の法務

2016/01/21 16:42

企業法務部員必携

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書はいわゆる契約書式集とは違い、契約書面に記載する条文の法的『妥当性』の感覚を掴むことと、その背後にある訴訟実務を理解するための文献である。
判例は実務を支配する、というのは良く聞く話しであるが、契約書のドラフティング・レビューを行うに当たってこの視点を欠いてる法務パーソンは非常に多い(「実務」を訴訟実務として捉えてしまい、最終防衛ラインである契約「実務」と捉えていない)。
後から問題となって、契約書面に記載した意図と異なる結論が裁判所で出されるのは、一重に法務パーソンの「勉強不足」と言っても過言ではない。

本書はそのような法務担当者にお勧めであるし、常に判例・裁判例を意識しているハイレベルな法務担当者にもお勧めである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本数理法務概論

2016/01/21 16:27

実務の参考になる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

米国における契約法等の概念は、経済学と非常に親和性がある(又はいわゆる法と経済学の研究が進んでいる)。
本書は、日本における法的概念についても、上記の考え方を反映させるべく所々アレンジされているため、とても参考になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

社内研修の参考に

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

製造物責任について、わかりやすい解説がなされているため、メーカーの法務部員が社内研修用に、参考として使用しやすい文献ではないかと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いまいち

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

基礎といえば基礎ですが、内容の割に値段が高いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示