サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Dさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

Dさんのレビュー一覧

投稿者:D

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本異類婚姻譚

2016/02/09 15:55

ぞくっとする

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

4話の短編集で、表題の異類婚姻譚が154回年芥川賞受賞作品の1つ
(本谷さんはノミネート4回目で芥川賞受賞) 。

家族といえども、本当は他人同士で成り立っている夫婦のあり方の一つを描いた作品 。
本文中にある「自分だけ、俺に食べさせてると思ったんでしょ」がぞくっときました。
自分だけが相手に合せているんだと思いがちですが、実は相手にやってもらっていることは見えない。やってあげたことばかりが心の中に塵のようにたまっていく。
しかし、あんな旦那ならば別れた方がいいのに別れられない依存度というのも怖いですね。。。
他の3篇も楽しく読めます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本リップヴァンウィンクルの花嫁

2016/01/12 12:34

映画を見るまえに読む

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

リアルで本音を言えずSNSで本音をつぶやく七海が、自分に非のない理由で不幸になっていく。
そして、行き場がなくなった七海がいろんな経験と自由だか危うい真白と出会い成長していく物語。
最近は嘘と本当の境目がわかりづらい世の中ですが、人には小さな優しさがあり、
それが集まることで幸せを感じるんだなーっと思いました。
やさしい人がバカを見る世の中ですが、この本を読んで少し優しくなれた気がしました。

映画は必ず見に行きます!
皆さんも映画を見る前に読んでみてはどうですか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示