サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 漫画家志望Aさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

漫画家志望Aさんのレビュー一覧

投稿者:漫画家志望A

2 件中 1 件~ 2 件を表示

話題になってる違和感

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ネットでも話題になった度重なる休載での時間経過によるこれまでの単行本と13巻との違和感ですが、私はそのことを知らずに読み、確かに多少感じました。
絵の変化は確かにあります。登場人物の顔の描き方など読めば誰でもわかるぐらいに変わってる部分があります。それが嫌かどうかは個人差があると思います。
背景も以前よりかは緻密さや凄みがありません。しかしそれでも十分鑑賞に耐えうるものです。
内容的にはよつばちゃんや三姉妹の性格も変わっていますが、これは明確に作者の考えによるところだと思います。成長による変化を描いているんだろうなと。
そして新キャラが登場しますが話数もかけてとても丁寧に描いたなぁと思いました。その分名脇役がほとんど登場しません。
個人的に一つだけ気になったのがギャグが今までのように自然で思わずクスリとなるような物ではなくなり、狙った感が出てしまっている気がしました。
悪い意味で漫画的といいますか…
ただ、それを含めてもバッシングを受けるレベルではないと思います。今までがちょっと凄すぎたのでそれと比べたら星4つ、本来なら星5つで妥当だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍三ツ星カラーズ1

2016/04/28 13:42

悪くないけどもうひと押し欲しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

個人的には三人のキャラが一見立ってるようで実は差別化できてないと思う。
三人が作者のやりたいギャグの為のセリフを吐くだけの存在になってる時がある。
こいつこんなこと言うか?って場面がすごく多い、ツッコミとか。

苺ましまろやよつばとと比べると世界観のデフォルメがより強いと思う。
それは別にいいんだけど、時々そのバランスがブレるからおばあちゃんのボケとか、急に「マンガ」になっちゃったなーって思い気になった。

絵はキレイでかわいいけど、多少あざとい。背景もよく描きこんでいるが背景の線がちょっと細すぎてキャラは目立つもののせっかくの良いご当地っぽさが多少見づらくなるかなと思う。

ストーリーは個性をあまり感じないが、上野秋葉原は妙にはまっている。
しかし基本的にどこかからの借り物に感じる部分が多くて、カツヲ先生の特徴がわからない。

しかしネットで他の方のレビューを読むと、かわいい幼女キャラやストーリーや雰囲気も好意的に受け入れられていて、立派なもんだと思った。
そういう意味で良い仕事をしてるのではないでしょうか。
自分も普通にパラパラ読む分には面白く読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示