サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. くさんのレビュー一覧

くさんのレビュー一覧

投稿者:く

3 件中 1 件~ 3 件を表示

完全に、村田沙耶香ワールドにハマった

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

スクールカーストや思春期を鮮明に、時に痛々しいほどにリアルに描いた作品。

いつ捨てられるのかわからない自意識とか、
いつかは芸能人みたいな顔や体になれるんだと信じていたこととか、女性作家さんならではの視点も読みどころあり。

目をそらしたくなるけど、読みたくなる、珠玉の1冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本下に見る人

2016/02/18 14:37

そうかも、、

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

上から目線、特に無意識に他者を上から見ているということに正面から向き合ったエッセイ。
その傾向は、ヒエラルキーの中で飛び抜けた上位層ではなく、下位層との線引きをしたい中間層に特に見られるという独自の見解に納得させられる。
酒井順子のあっけらかんな物言いに、そうかも…と思うこと多し。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本『罪と罰』を読まない

2016/01/17 12:25

『罪と罰』、読みたくなった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

罪と罰を読んでいない4人がああだこうだと話の展開や登場人物について探っていくという新しいスタイルの一冊。
明らかに不十分な情報からあれこれと予想する中におもしろさがある。もちろん読了後の種明かしもついていて、納得したり驚いたり。
私もまた4人と同じように長編でハードルの高い『罪と罰』を読んでいなかったものの、見事に読みたくなり、購入してしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示