サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ごんちゃんさんのレビュー一覧

ごんちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:ごんちゃん

紙の本七つの会議

2016/03/12 14:29

実際にありそうなこと

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

会社に勤めている私としては、実際にありそうな話で偉くなっても実の伴わない上司や頑張ってもむくわれない人など人生ドラマのようでした。会社を動かすのは優れた上司の戦略とそこに働く職員の意識やチームワークという気がしました。会社は個人のものではなく働く社員一人ひとりのものであることを考えさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本銀翼のイカロス

2017/09/16 14:51

半沢大活躍

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回も四冊目の作品で営業第二課の半沢がついに東京銀行の合併時の不適切融資をあばき正義を政治家や債券処理屋など正義を標ぼうしているやからを退治してくれたのは痛快でした。黒崎の真意が謎のままなので続編でまた黒崎と闘うこともあるよあな気がしました。半沢が栄転したのかわからないところがかえって次の作品がまたある気がしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本エデンの祭壇 下

2016/10/24 19:46

世界の七不思議をめぐって

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

七不思議に導かれて最後に行きつくのはエデンの園だったという空想の話です。世界最古のアマゾーンの話もありロマンスも含めて楽しい作品になっていたと思います。但し、アマゾーンを操るのが誰なのか最後までわからないところが第二弾の続編に期待するところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

神は数学者か。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルの通り面白い本でした。代数や正規分布、確率の問題を過去から現代までデカルトなど哲学者が実は数論で貢献したりとか面白い本でした。神という表現をしていますが何かが我々の身近な生活に影響を与えておりシナリオのない人生ですが何か使命があるような気になれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ソロモン海底都市の呪いを解け 下巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

村の献身的な医者のヴァニアが最悪の女性だったことがわかり大どんでん返しを食らった気分になりました。最後も巨人族の5メートルを超える王様がでたり今回の冒険は意外性があったと思います。次回第8作目は共同執筆者が変わるとのことなのでどんな作品になるのか楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

タッカー&ケイン 下巻

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ドローンとの戦闘シーンで生身のタッカーとケインの活躍がとても力強く感じられました。未来の社会ではターミネーターのように機械に征服されてしまう気がしてきました。そんな中で生身のケインの活躍がこころを和ませてくれる作品になっていると思います。ここまで作品がつづいているので次は何を相手にするのか楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本アキラとあきら

2017/12/26 23:54

アキラとあきら

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

池井戸作品としてはバンカー人生を描きながら人間ドラマを奏でるような作品になっていたと思います。過去の少年時代の経験が人生を大きくするところとやはり瑛瑛と亜衣が結婚していたのかとかガチャポンもかっこよくなっており物語に再登場するところが良く書けた小説だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

2017/12/17 20:15

ラストレシピ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最初に読み始めたころとラストの感覚がこれほど違う作品にあったことはありません。大日本帝国食菜全席をめぐる物語でしたが自分のルーツを探る物語でもあったことにラストで気づくわけですが良くできた物語だと思いました。次回作がきになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本大破壊 下

2017/12/05 20:08

大爆発【後編】

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

キンケイドどアイザックベルとの息つまる橋を守る興亡がとてもテンポよく最後までノンストップで読んでしまいました。次回は是非、大追跡も読んでみたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本大破壊 上

2017/12/03 07:26

大爆破

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ベルの活躍がとても面白く、鉄道の壊しやがキンケード上院議員であることに驚きました。また、探偵の権力がこんなに強いことを読んでわかりました。バンドーン探偵事務所の凄さが際立ちました。ポーカーでベルがキンケードから勝った場面も緊迫した雰囲気を読んで伝えてくれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本永遠に残るは 下

2017/11/27 05:19

クリフトン年代記最終回

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最後まで成功してハッピーエンドとならないところがアーチャーらしい終わり方なのかと思いました。良いことがあれば悲しいこともあり人生はちょうど平均を目指すようにできているようです。でも全般に山あり、谷ありでしたが7巻まで面白く読ませてもらいました。葬列に呼ばれていない帰属堰の人がチャドウィックのような気がしました。次回作に期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本永遠に残るは 上

2017/11/21 19:25

エマが副大臣

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

エマとジャイルズが保守党と労働党に分かれて選挙をするところが面白いと思いました。実際にサッチャーも知っている人物なので作品に雰囲気がでていると思いました。アーチャーがエマを副大臣にしてしまうところも仰天です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ものの考え方がかわります。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自然界の対称性についてわかりやすく学ぶことができました。z、w粒子やクォーク粒子など微視的な対象から壮大な宇宙の話など普段見ている世界が変わる感じがします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

カブリーヨの活躍

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

義足の戦士で最初から危険な状況を自分で切り開くところが面白かったです。女性の謎のハッカーを追うところも最近の展開にはないところであり下巻に進むのが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

クライブカスラー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最後にアステカの宝をみつけた石板の秘密に迫れたところが面白かったです。ピットとサマーの活躍に期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する