サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. asahino232さんのレビュー一覧

asahino232さんのレビュー一覧

投稿者:asahino232

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本忘れ扇

2016/03/17 11:09

おきん婆さん殺された

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

仁平店から金貸しおきんが消えた。自身番でも心配し始める。
昔の仕事仲間夫婦に殺されてしまう。金に対し強欲さが命取りになるが
過去の生き様で人より金をと生きるように

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜半の春

2016/03/16 15:05

照降町の人情人

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

照降町の人々のお話。4話からの短編集話。木戸番小屋の伊之吉とおすえ夫婦と
魚仲卸の魚竹とおゆき、自身番で書役をしている元武士である喜三次。
髪結い床猫字屋のおたみをはじめ、およし、おけい、佐吉と育ての子がそこに集まる
市井の人々との江戸弁での会話。その人々の過去を織り成して物語が構成されていく。喜三治の過去、裏店での騒動、盗賊ムササビなども現れるはなしとか、豪欲婆のおぎんとその過去が面白く読ませてもらった。人情江戸情話でしょう。涙もろくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

第三話が良かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

5話からなる短編集。父娘の捕り物のと言っても母お初と娘お麻が印象に残る。
「箒を買わせる女」で大津屋のたくらみで同業岩村屋が廃業するが?栄吉とお麻がひょんなことから大津屋の仕業と見て活躍する。浮世小路界隈を中心とした人々の人情捕り物物語である。1話1話完結の面白さです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本墨染の桜

2016/01/17 16:19

女性らしい時代物

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

女性の時代物、4話からの短編ものではあるが読ずきで構成されている。京から江戸に出てきたおりんは叔父にもだまされる。が長屋の人たちとの交流もうまくいき、生計が立てられるようになるが、人間関係で越後谷と確執や、初音との出会い。
最後は江戸で京の照姫に「更紗屋のりん」ですと叫ぶと、付き人の関屋とともに会うシーンが良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本この君なくば

2016/02/16 17:03

この君なくば

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

九州の日向を舞台に、栞は「此君堂」にて和歌を教えている。
父の開いた私塾「此君堂」を亡き後1人守っている。
伍代藩の楠瀬譲と「此君堂」で出会う。五十鈴も譲に出会い好意を抱く。
時は幕末、尊王攘夷とか政府軍とか長州藩とか久留米藩とか薩摩藩とか出てくるが
譲と栞の恋愛話でしょう。譲は藩主忠継が五十鈴を奥入りさせたので、栞と結ばれることになる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示