サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. さっち〜子さんのレビュー一覧

さっち〜子さんのレビュー一覧

投稿者:さっち〜子

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本十字架

2016/01/23 14:02

我が子が虐められた末に…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近、学校でのイジメの末に自殺する子どものニュースが頻繁に目につく。
自殺するくらいなら学校を休めばいいのにとか、誰かに相談できなかったのか、と思ってしまう。
だけど、これが我が子だったら…
親には心配かけたくない、学校で先生に言えばもっといじめられる、当事者には色々な思いがあるのだろう。
我が子が自殺と言う選択をした親はどうすればいいのか、気持ちのぶつける場所がない。
遺書にいじめた生徒の名前、親友の名前、好きだった子の名前が書かれていれば、親はそれを頼るしかない。
いじめた生徒には許せない怨みしかわかないであろう。しかし、親友と書かれた生徒に対しては、どうして我が子を助けてくれなかったのかと問いただしたくなる。
だが、親友だと思ってないのに親友と書かれた生徒はどうすればいいのか?
ずっとその出来事のあと、大人になっても重いものを背負って生きていかなければならない。
幼い頃一緒に遊んだことはあったけど、小学生たなってからはあまり仲良くしていなかったのに親友と書かれたことで、その後に背負うものが大きすぎる。
自分が自殺に追いやった訳ではない。けれど、ものすごく悪いことをしたような後ろめたさを引きづりながら生きていかなければならない。

自殺は何一つプラスになることはない。
当事者だけが現実逃避できるだけ。
だから、追い詰められる前に少し考えてほしいと思う。
逃げる場所は必ずあるはすだから。
我が子には、絶対に自殺と言う選択はしてほしくないし、絶対させないと強く思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示