サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. tochimembowさんのレビュー一覧

tochimembowさんのレビュー一覧

投稿者:tochimembow

1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍国盗り物語(一~四) 合本版

2016/01/24 15:20

リーダーになれない人間の条件

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前半は斎藤道三、後半は織田信長の戦国リーダーとしての姿を描いたものであるが、個人的に興味を引いたのは信長より明智光秀である。「関ヶ原」の石田三成と並んで、明智光秀は結局人望が集まらず、自滅した。ニュアンスは少し違うが、「播磨灘物語」の黒田官兵衛や「義経」も才能がありながら、時代のリーダーとはならなかった。これらの本を読むと、リーダーとは組織の掌握力、制度改革をする斬新なアイデア、好機を逃さない目の効き方、そして最後は100%成功の保証はなくても、一か八かにかけるという決断力が求められているように思える。
 リーダーになりたくなくて、リーダーにさせられた不幸な例もある。「翔ぶが如く」で西南戦争に突っ込んでしまった西郷隆盛である。西郷は展望がないままリーダーに祭り上げられ、自滅の道を歩んだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示