サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ibn_shahrさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ibn_shahrさんのレビュー一覧

投稿者:ibn_shahr

1 件中 1 件~ 1 件を表示

『ミリタリーテクノロジーの物理学<核兵器>』 核兵器を分析する

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書総括

本書の1ページ目から最終ページまで貫かれたテーマ。

それは、「人類史上最強の兵器を純粋に物理学の側面から解明する」ことである。

1章から4章まで

物理学の観点から核兵器の仕組みを理解するために必要な知識を解説している。

・原子核とは?

・核融合とは?

・核分裂とは?

・核分裂の連鎖反応とは?

・原子炉の構成要素3つとは?

・核燃料の扱い方は?



ほんの一部であるが

これらの知識(+α)を運用することで核兵器の仕組みを理解できるのだ。

一般的な核兵器の書籍となると核兵器の進化や核兵器にまつわる戦争史のようになるのが多い。よって、核兵器をこと細かに分析する本書は大いに楽しみながら読むことができる。



そして

5章で、1〜4章で学んだことから核兵器の内部構造、爆発原理を知ることができる。

これがたまらない。

数時間もしくは数日前まで

核兵器のことなど露ほども知らない余が核兵器構造について語れるのだ!




一見すると学生の時に勉強した化学を思い起こしてしまいそうな単語が並び、化学嫌い発作が起きてしまう人もいるかもしれない。

しかし、その問題は全く心配いらない。

記憶が正しければ、

私は高校1年生以来化学を勉強していない!

同じような学歴を持った人は私だけではないはずだ。このような人にも分かりやすく言葉だけでなく手書きと思われる図解入りだ!



変に高校生だった時のテキストを開くよりよっぽど理解しやすい。



エピソード

本書の中で興味深いエピソードが1つ取り上げるぞ。



・物理学者が作った鉛筆の芯

実は、戦前の日本も核の開発に着手していたそうだ。

開発に関わった代表的な2人

理化学研究所の仁科芳雄博士と京都大学の荒勝文策博士である。

彼らは原子核物理学で名をあげており、彼らの研究所にあったサイクロンという加速器が核兵器に利用できると戦後にアメリカから判断されてすべてのサイクロンが破壊された。



そして

サンフランシスコ条約後、数年研究開発を行えない時期があった。

その際、研究を行えなず他にやることがないから

一流の物理学者たちがひたすらに鉛筆の芯を作っていたのだ!!

著者は

僕が原子核化学研究施設にいた頃に、研究室の大掃除をしていたら、鉛筆の芯がいっぱい詰まった試験管が出てきました。

と記述していて、ボスに理由を聞いたところ

世界屈指の科学者たちが研究を禁じられた屈辱の歴史を忘れてはいけない

そのため、

その当時から受け継がれた代物だそうだ。


著者について

著者の多田将さんは高エネルギー加速器研究機構という物理学の研究所に勤めていらっしゃるぞ。この機構の中の素粒子原子核研究所で、この世界を構成する究極の粒子について研究しているそうだ。

本書を読んだあとに著者をGoogleで検索したところ、金髪のイカしたおじさんの画像が出てきて度肝を抜かれてしまったぞ。

外見で判断するわけではないが、この風貌の方が書いた本。

面白くないわけがないのだ!確かに、文章の節々にくすっと笑いを誘うような表現が散見されたぞ!


想定読者

余が思うに

まずは純粋に核兵器に興味がある方さらには高校生も読んで欲しい。

歴史の授業などで第2次世界大戦を勉強したあとに読むと良いかもしれない。

より学んだことがリアルに脳内に情景化されることだろう。



また、社会人で軽くサイエンス系に手を出して見たい方にもおすすめできる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示