サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 雪風さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

雪風さんのレビュー一覧

投稿者:雪風

40 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本怪盗紳士ルパン

2016/02/08 18:26

初登場でいきなり逮捕されちゃったよ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今さらという気もしますが、実は読んだことがないという人も多いはず。ということでアルセーヌ・ルパンのデビュー本を読みました。
いきなり、逮捕されてしまうという意表を突いた登場のルパン。細かいトリックというよりは、心理トリックで獲物に近づくルパン。冒険も活劇もありだけど、一方でアイデンティティの喪失や恋に悩む一面も。短編それぞれに趣があってあっという間に読み終わっちゃいました。
それにしても、いきなりデビュー作品でシャーロック・ホームズと対戦させるとわね。ところで、このシャーロック・ホームズ、原作ではエルロック・ショルメとなっていることを初めて知りました!コナン・ドイルの抗議があったらしいよ。そこでSを移動させたんだって。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本月の影影の海 上

2016/02/08 18:17

舞台設定が素晴らしい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

十二国記。累計750万部以上を売り上げた小野不由美の代表シリーズです。
シリーズ最初の作品が発表されてから21年、NHKのアニメ化から10年、現在も執筆中とされるもののここ何年かは短篇のみしか発表されてこなかったのですが、2012年に入って大きく動きが出てきました。版元が講談社から新潮社に代わり、NHKでアニメが再放送され、雑誌で特集が組まれるなど、いよいよ続編への期待が高まってきています。
ということで、再読。
やっぱり、最高に面白いよなぁ。十二国記の世界設定が秀逸だよなぁ。子どもが木に生るとか、獣と人のあいのこがいたりするし、仙人と人との関係もユニークです。特に麒麟という半獣の存在。そしてその麒麟が王を選ぶこと。
主人公中島陽子。どこにでもいるような八方美人の高校生の前にケイキと名乗る男性が現れてから物語が始まります。ケイキによって十二国記の世界に連れて行かれる中島。しかし、そこではケイキは姿を消し、妖魔が襲い、出会う人の裏切りが続きます。見知らぬ世界で孤独に生き抜こうとする中島。はたして彼女は生き残れるのか?なぜ十二国の世界に連れてこられたのか?ケイキは味方か敵か?さまざまな疑問を残しながら物語は下巻へと続きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本飛竜雷天 上 雷雲の到来

2016/02/08 17:29

ついに第12部スタート

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

11部まで執筆した2007年に作者ジョーダンが死去してしまい、遂に様々な謎は謎のままかと思いましたが、幸いにも後継者が現れ、続編が出版されました。良かったぁ。
何しろ11部を読んだのは3年位前ですから、ストーリーも半分くらい忘れていましたが、読んでいるうちに思い出すもんですね。
相変わらず、登場人物は多いは、敵味方がはっきりしないは、味方も一枚岩ではないは、と前途多難なアル=ソア。おまけに思わぬ裏切り者も現れ、物語はますます混迷の色を濃くしますが、一体最後はどうなるのでしょう?早く続きが出ないかなぁ。
おっとその前に下巻を読まなくちゃ。何しろ文庫本で700ページありますから…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本マーティン・ドレスラーの夢

2016/02/08 16:56

地下に巨大なホテルを築く男の物語

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ピュリツァー賞受賞の長編です。
主人公ドレスラーは葉巻屋の息子でしたが、持ち前の才覚でホテルのベルボーイから次々と出世を重ねます。やがてカフェの経営に乗り出し、大成功を納めます。
次にホテル経営に乗り出し、これも大成功を納めていきます。
しかしやがて来る、結婚生活の破綻。そして事業の失敗。
ホテルでありながらその枠を完全に逸脱したものへ、彼はどんどん突き進んでいきます。また、彼は地下社会への強い執着を持っており、地下12階という途方もないビルを作ります。そしてその地下に公園や池や渓谷も作ってしまいます。
この地下へのこだわりが、作品全体に大きな流れを作っています。
最後は全てを失い、それでも夢から覚めたように新しい世界に向かって行く姿で、物語は締めくくられます。
ドレスラーの夢とは何だったのか?それは読み手によって感じ方が違うかもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

淡々と粛々と続く戦争中の暮らし

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画の出来が素晴らしかったので、原作マンガも読むことにしました。
不思議な余韻を感じさせる柔らかいタッチの画が印象的。
昭和19年の広島と呉が舞台だけど、戦争の中でも粛々と続く日常生活が淡々と描かれていきます。
そこには、まだ悲惨さがあふれてるわけではないけど、海苔漁がだめになったり、灯火管制がしかれたり、防空壕を掘ったり、建物疎開があったり、タンポポなんかの野草を食事にしたりとか、暗い影が忍び寄ります。
でも、そこは少しのんびりして明るい主人公のフィルターを通すことで、明るい日常に当時の庶民の目線を感じることができます。
義姉が家に帰ってくることが、一つのポイントだったんだね。後々の伏線にもなるし…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ギアリーの生活はストレスだらけ。よくやってるよ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ギアリー率いるアライアンス艦隊は敵基地で捕虜収容所の解放に成功する。しかし、その中にはギアリーと同じように伝説となった猛将ファルコがいた。味方の損害を顧みず猪突猛進するタイプであるファルコはギアリーと衝突。しかしファルコには信奉者も多く、ついに39隻の艦とともに離反しギアリーの制止を振りほどき別星系に旅立ってしまう。一方ギアリーの艦隊はワープポイントであるハイパーゲートを破壊するという敵の作戦を阻止すべく戦闘を開始する。別々に行動する艦隊の運命は…
今巻では、ハイパーゲートに関する謎が大きなポイント。人類はハイパーゲートを利用しながら、その物理特性や仕組みについてはほとんど無知であることが判明する。さらに、ハイパーゲートの破壊が超新星爆発並みのエネルギー放出の可能性も判明する。ハイパーゲート破壊が大きな武器になることを知り悩むギアリー。そしてギアリーに近づきついに関係を持つにいたるが相変わらず本心がわからないリオーネ。リオーネと対峙するデシャーニ。さらに辺境域の状況が明らかになるにつれ、異星人の存在を暗示する。

様々な問題を抱えながら故郷を目指すギアリーだが、こんなストレスだらけの生活はごめんだね。なおかつ、逃げ場もない戦艦生活。よく耐えられるものだよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヤヌスの戦い

2017/01/14 15:27

トーラス包囲戦はいよいよ最終局面に。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

イシュタヴァーン率いるモンゴール復興軍はついにトーラスを包囲したものの戦局は膠着状態に。このままでは兵糧が不足するのは必定というところまで圧迫される。
一方で、各地からモンゴールの遺臣が立ち上がりトーラスを目指して進軍。彼らがトーラスに到着するまで復興軍は持ちこたえられるのか?
その時、アルド・ナリスが魔導士を遣い、モンゴールに有利になるよう策動。状況は次第にモンゴールに傾きかけて…
今回の件でアルド・ナリスとレムス王との間に亀裂が生じる。また、イシュトヴァーンに対するアムネリスの思いものっぴきならない状態に。
いよいよ次巻はモンゴール復活の大団円に向かっていく。
今回もグインの出番はなし!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本光の公女

2016/03/19 01:23

イシュトとアムネリス、ついにまみえる。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ついに、イシュトヴァーンとアムネリスがまみえます。王を目指すイシュト、虜囚の身からの解放を願うアムネリスの利害が一致。お互い手を組むことになります。
それにしても、今巻は登場人物の心情描写が凄いね。イシュトとアリのただならぬ関係。アムネリスとフロリーの関係。ナリスへのアムネリスの思い。そして、イシュトのリンダへの思い。
様々な人間模様を抱えながら、いよいよモンゴール復活へののろしが上がる、物語の重要ポイントです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒蜥蜴

2016/02/08 18:31

乱歩の怪奇に三島の美をふりかける

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

三輪明宏の当たり役のお芝居ということで読みました!
江戸川乱歩が昭和9年に発表した原作を、三島由紀夫が昭和36年に戯曲化した作品です。
丸山明宏(三輪明宏)と天知茂による昭和43年の映画(深作欣二監督)が有名ですが、DVD化されていない映画です。去年、福岡でたまたま観る機会がありました。DVD化して欲しいんですけどね。
舞台の方は平成15年の三輪明宏と高嶋政宏のものを観る機会がありました。それぞれ良さがあるけど、やはり映画の方が印象深いですね。特に映画では三島由紀夫本人が登場し、なんと丸山明宏とのキスシーンがあります。
で、この文庫は、戯曲全部と、三島による自己解説、三島・江戸川・芥川比呂志・杉村春子・松浦竹夫・山村正夫による昭和33年の座談会、三島と丸山の昭和44年の対談、三輪による解説が収められている盛り沢山な内容です。
戯曲の方は、謎解きより、黒蜥蜴と明智の恋愛感情を軸にサスペンスが展開していきます。富と貧困、犯罪者と探偵、男と女…さまざまなものを対比とを描きます。セリフは長く独白のようなものが多く、つかわれる言葉はめくるめくきらびやかなものです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本当の戦争の話をしよう

2016/02/08 18:29

戦争小説でも反戦小説でもないベトナム戦争の物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

世の中がきな臭くなっているので、ヴェトナム戦争の小説を読みました。
作者自信を語り手とし、戦場だけでなく、戦後のアメリカも舞台に展開していく連作短編小説集です。戦死する兵士・一般人も敵味方ともたくさん出てきますが、物語自体は淡々と静かに展開していきます。戦死する仲間も劇的な死に方ではなく、理不尽に死んでいきます。
作者は戦争を憎んでおり、戦場を舞台にしている小説ですが、戦争小説でも、反戦小説でもなく、戦争を契機に人生や精神を狂わせていく過程を描いている作品です。
太平洋戦争の戦死者の多くが実は餓死だったように、戦争のどうしようもない理不尽さが浮き彫りにされ、さらに戦後もその影響から脱せない戦友たち…
ノンフィクションのようだけどフィクション。そして、フィクションこそが本当の話を伝えられると作者は信じています。いい意味で期待を裏切ってくれますよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本モスラの精神史

2016/02/08 18:24

モスラを中心に日本思想史・芸能史を読み解く

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ザ・ピーナッツが懐かしい怪獣映画『モスラ』です!
この本はただの怪獣映画の本ではありません。1961年公開の映画『モスラ』を題材に、モスラ的主題が太平洋戦争以降の精神状況にどのように位置づけられ、どのように平成に継承されたのかを解き明かすという壮大なテーマの評論です。
中村真一郎、福永武彦、堀田善衛という純文学作者による原作との対比から始まり、養蚕との関係からモスラがなぜ蛾なのか、戦前から連なる南方への思い、安保条約やアメリカとの関係、小美人の意義や当時のショービジネスとの関連、インドネシアとの意外な関係、小河内ダムや東京タワーの意義等がスリリングに展開されていきます。
そして、そのモスラ的主題が受け継がれる先としての大阪万博。そして平成になってその主題は「風の谷のナウシカ」の王蟲に引き継がれるとします。
議論の幅が極めて広く、やや散漫な感もありますが、モスラを日本の思想史や映画史・芸能史等の中で多角的に取り組んだ意欲作です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本パロへの帰還

2016/02/08 18:22

第1部完結す

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ついにグイン・サーガ第1部(作者によると序章)も完結です。NHKのアニメもここまで。ですが、今巻もグインは全く登場しません。イシュトバーンもね。トーラスは占領されアムネリスはクムに捕えられ、レムスとリンダはパロへ帰還します。ここまでは予想通り。しかし、登場人物のそれぞれに新しい冒険や動乱・混乱の予想がちりばめられ、ケイロニア編につながっていきます。
それにしても、トーラス陥落の場面はアニメと違って凄惨そのもの。いわゆるいい人側に立つ人もいろいろなんですねぇ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

スチームパンクの傑作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これは面白かった。
女性作家によるローカス賞受賞の歴史改変スチームパンクの傑作です。
時は1879年のシアトル。しかし町の中心部は高さ60メートルの壁に覆われている。ブルーという発明家によって作られたボーンシェイカー(ジェットモグラのようなものらしい)によって、街の中心部が破壊され、その後地中から噴出したガスによって死病が発生したため隔離されているのだ。
主人公はこのブルーの妻とその息子。息子は父の事件の真実を知りたいと願い壁の中に潜入する。ところが壁の中には、なぜか人が住んでいて、それ以上に多くのゾンビが徘徊している。そしてマッド・サイエンティストによる恐怖が支配していた。やがて、息子を救出すべく母親も壁の中へ…
母親は息子を探し出せるのか。壁の中で出会う人達は味方か敵か。ゾンビを振り払い、ガスから身を守れるのか。壁の中から脱出は可能なのか。そして、マッド・サイエンティストの正体は。母親が息子に隠している秘密とは。
多くの謎とスリルとに包まれた冒険物語です。
なお、残念ながら絶版ですので、古本か図書館でどうぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本月の影影の海 下

2016/02/08 18:20

陽子の出生の秘密が明らかに!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

再び動き出した十二国記、再読です!やっぱり面白いよなぁ。もともとはライトノベルとして出版されたシリーズですが、本作では人を信じることとは?人生の意義とは?運命を受け入れるには?生き方をいかに選択するか?といった様々なテーマが織りなす読みごたえのある仕上がりになっています。
妖獣に追われながら、当てのない逃避行を続ける陽子にも、信じるに足る同行者が現れ、雁国に向かいます。そして明らかになっていく陽子の運命。彼女にはとても受け入れられない運命ですが、運命を拒否し役目を投げ出せば、多くの民が困窮に瀕します。物語は大転回を迎えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本荒野の戦士

2016/02/08 18:12

ノスフェラスへ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前回、スタフォロス城から命からがら逃げ出した一行。
そこに先に逃げていた傭兵イシュトヴァーンが合流し、化け物がウヨウヨするケス川を海に向かいます。ところが、そこにモンゴール軍が現れ…。
今回、モンゴールの公女であり白騎士隊長であり右府将軍であるアムネリスが登場します。これで、主だった登場人物のうち4人までが登場しました。
NHKアニメよりリンダの予知者としての印象が強いですね。
どちらかと言うと、3巻への序章としてのイメージが強い巻でした。
いよいよ第3巻はノスフェラスを舞台にモンゴールの大軍との戦いが始まります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

40 件中 1 件~ 15 件を表示