サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. でぃーさんのレビュー一覧

でぃーさんのレビュー一覧

投稿者:でぃー

紙の本新しい時代の生活指導

2017/01/15 18:34

学習と学びは異なる

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「学習」と「学び」は違う。
前者が知識・技能の習得を重視するのに対して、後者は学習者にとっての意味を重視する。また学びは他者との対話を通じ、ものの見方や考え方、価値観を再構築する。そして自己と他者、世界との関係性をも新しく編み直す。新しい時代の教育を創造するうえで、このテキストは非常に有益であり、入門書として最適である

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本歴史を考えるヒント

2017/01/14 13:58

歴史を改めて学ぶ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今まで小学校や中学校、高等学校で学習してきた歴史とはどのようなものであっただろうか。単に、重要な人物や出来事を暗記していただけではなかっただろうか。この本を読むと、歴史を「考える」重要性に気づく。それゆえ、大人はもちろん、高校生や学生にもおすすめである。歴史の考え方を学ぶことで、歴史の学び方が変わる可能性を秘める一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

定番の過去問

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1年分の過去問が都道府県別に掲載されている。
この問題集への取り組み方は2通りあるだろう。

ひとつは、都道府県ごとにやる方法である。
どの都道府県からやるかは自由であるが、各都道府県の過去問を順に解く中で、どれだけ力があるかをはかることができる。

もうひとつは、分野ごとにやる方法だ。
法規系なら法規系をかためてやることで、分野ごとの出題傾向がつかめるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

教育実践

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

教育実践を初めて読もうとする人にとってこの本は大変おすすめである。鈴木和夫氏は生活指導の分野においては大変有名な人物であると思う。それゆえ、彼の実践は多くの専門家が解説したり、読み解いたりしている。本書は4つの実践記録が収録されており、どれも刺激的なものである。教育も捨てたものじゃないと思わせてくれる一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

続編!!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は「教育を拓いた教師たち 戦後教育実践からのメッセージ―」の続編である。この本は、どの章から読んでも面白い。気になった人物、歴史、教科から読み進めるだけでもいいと思う。授業において子どもの「間違い」はどのようにお教師たちは、そして子どもたちはとらえているのだろうか。その「間違い観」を問い直す必要がある。間違いは本当に間違っているのか。子どもの間違いを他の人とは「違った」意見として尊重してくことが、学び合う関係性の構築につながるのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

教師たちから学ぶ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

戦後、日本における教育は「教師」たちの実践によって進化を遂げてきたと言っても過言ではないだろう。著名な実践家たちの実践内容を丁寧に押さえてあり、戦後の教育実践史のテキストとしても、また教育の方法学のテキストとしても素晴らしい。15程度の人物が紹介されているため、それぞれ概略的な説明にとどまるが、ブックガイドもあり、そこで紹介されている本を手がかりに、さらに学びを深めていくことをおすすめしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

良書

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルは「商店街はいま必要なのか」となっており、一見すると商店街についてばかりかいてあるのかと思ったがそうではない。サブタイトルにもあるように「日本型流通」の近現代史について書かれているといったほうがよいだろう。百貨店や通販、商店街、スーパー、コンビニなどの歴史を社会的背景などについても触れながら論じられており、テキスト的でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本坊っちゃん

2017/01/14 14:38

名作

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

わたしにとって夏目漱石といえば、「こころ」であった。「こころ」を初めて読んだのは中学校の頃で、当時は一回読んでもわけわからず、再読したがそれでもよくわからなかった。それゆえ、夏目漱石の作品は難解であると感じていた。しかし、「坊ちゃん」は非常に読みやすい方に分類されるだろう。なぜ読みやすいのか。それは、痛快な内容であるだけでなく、言葉のテンポ感の良さにあると思う。この作品は中学生からでも読めるし、ぜひ読んでほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

鳥肌が立つ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「子どもの自分くずしと自分つくり」は不登校やいじめ問題などを考える上で、ぜひ読んでほしい一冊である。学問的な本ではあるが、鳥肌が立つほど、胸に突き刺さってくるものが多い。学校に行かなければならないという強迫観念から不登校に追い込まれることに関して非常に鋭い考察がなされている。新装版というだけあって、旧書と異なり、本の保存もしやすくなっていると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今求められる教育とは

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

全生研の主要メンバーである著者・竹内常一さん。彼の考察は非常に深いものがあり、現代の教育を根本から考え直す上で必読書である。指導とはどういうものであるかについて論じている章は、考え深いものがある。指導における関係性を問い直すことで、教室の中に、そして社会の中に新しい関係性を築くことが可能であると思われる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

便利!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

持ち運びできるうえ、赤フィルターを活用することで、通勤通学途中に効率的に学習できます。意味なども書いてあるので、わざわざ調べなくても済むので便利です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

教育のあり方を根本から考える

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いまやトレンドとなっているアクティブラーニング。教育方法の統制は教師から考える自由を奪い、教育実践の硬直化を招く。研究論文と実践があり、示唆に富む一冊

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本世界から猫が消えたなら

2017/11/29 13:41

哲学的!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本を読んでいると、いろいろなことを考えさせられる。しかも読み終わったときには、本を持つ手が震えているくらいの何ともいえない感動がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

昔の実践家はすごい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

生活綴り方実践の代表的人物である東井義雄の実践について読み解いている。時代は違えど、教育の思想について今もなお色あせないところがたくさんある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本阪急電車

2017/11/29 13:31

ほっこりする話。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

各駅各駅でいろいろなストーリーが織り合わさっていく温かい物語。何人何十人何百人何千人といろんな人を日々見かけるが、大抵、他人。そんな他人と他人が織り成す物語。電車に揺られながら読んでみてもいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する