サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 雲のこぶたさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

雲のこぶたさんのレビュー一覧

投稿者:雲のこぶた

4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本ひらあやまり

2016/02/13 13:24

うれしーを知らないひとにも、どうぞ、とおすすめできます。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルにはそう書いたが、わたしが「知っているつもり」なのは、あくまで水曜どうでしょう、の、嬉野雅道さんである。彼はカメラの回っている場ではことばを滅多に発しないが、それは当然なことなのは致し方なく、しかしながらその彼が番組内で一言でも発するときはそれは神がかり的におもしろい。そんな彼は話しかたこそ不機嫌そうだか、文章がとにかくあたたかい。水曜どうでしょうというお化け番組がもし嫌いなひとでも、彼の文章の端々にある、ポリシーと強さ、観察眼からの文章、ひとにとって大事なものをリレーされてきたあたたかな人間にひかれることはお墨付きです。まず一読されることをおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本猛スピードで母は

2016/02/13 13:12

こんなに魅力的な作家もいないでしょう?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

言わずと知れた長嶋有さんの芥川賞受賞作収録。作者がどんなひとか知らぬときに、父がとにかく夢中になって読んでおり、じぶんも手に取った。あっという間にひきこまれる世界。書き手の性別がここまで作品に影響せず巧みな作家をじぶんは知らない。とにかく次の作品をどんどんよみたくなったきっかけの本。いつでもどんな気持ちのときにも、持ち歩いていたい本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本当のことしかいってない

2016/02/13 13:16

作者のセンスはいつも外さない!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ここまで無茶なことを書くひともいないのではないかと、小説と別世界なことばにひかれる。
大人だったら、本は「買いましょう」と言われれば、やはり頷かざるをえません。慎重な方は図書館で「下読み」してから、買いましょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本洟をたらした神

2016/02/13 13:02

一行目でひきこまれることばの湧き水

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

出会ったのはほかの本での一部分でしたが、このひとのことばをもっと読みたいと思い購入しました。
じぶんの思い続けたものは、人生を豊かにもするのだと感じ、芯の強さと柔軟さのなかに、湧きで続けることばの豊かさに涙が溢れました。同世代の同様の職業をしていた先人たちを思い、もし彼女らにもこのような湧き水という「手法」があったら、いや、それはまったくもって稀有なことであり、このことばを産んだ彼女がとても魅力的に思います。文庫本で購入することに、なんの損もないどころかじぶんにとっては宝になりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示