サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まいぽさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

まいぽさんのレビュー一覧

投稿者:まいぽ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍桂花故事【文春e-Books】

2017/02/02 12:18

文筆家としての壇蜜

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

壇蜜さんの二作目となる短編小説。

処女作の『光ラズノナヨ竹』を読んだときは、もっと読みたいと思ったほど魅力的な文章で、とにかく圧倒されてしまったが、今作は前作にも増して魅力的。



ストーリーは、前作と繋がる部分があった。これからの作品も繋がっていくと面白そう。

主人公「鳥井」の過去のある少女との出会いが淡々と語られている。あまり細かな人物描写はないのに、それぞれの人物像がよく分かる。この点は本当にすごい。例えば、学生時代の「鳥井」は周囲から下の名前ではなく「トリ」女子からは「トリくん」と呼ばれていたりする。何気にバスケ部員で、大学の推薦が決まっており、家族関係も良好。これだけで「鳥井」がどんな奴なのかがすんなり想像できてしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本雪わたり

2016/02/14 02:33

声に出して読みたい絵本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

幼い兄妹と、白い子狐がとても可愛らしく描かれています。狐は人を化かすというのは本当なのか?月夜に兄妹は、優しい兄たちに見送られ、狐の「げんとうかい」に出かけます。。信じるというとても大切なこと、そして誠実な思いが胸に広がり、優しい気持ちになれる物語。リズミカルな文章がとても印象的で、声に出して読みたいと思う程。読み聞かせにも良さそうです。それに加えて、宮沢賢治ならではの雪景色の美しい表現が見事です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示