サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. moriさんのレビュー一覧

moriさんのレビュー一覧

投稿者:mori

13 件中 1 件~ 13 件を表示

楽しいミステリー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お嬢様が活躍するミステリーは北村薫さんの小説がとても楽しかったけど、本書も謎のような若い女性が捜査一課の刑事に。これがとんでもないどじで笑ってしまうけど、むつかしい事件を解決に導いていくところはすごい。このシリーズ、
笑いもあるが、ストーリーも結構すごい。立て続けに読み続けて今四冊目に入ったところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本オイアウエ漂流記

2017/05/26 20:57

一気読み

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

文庫本だが分厚い本。読み始めるのをちょっとためらうけどそれをがまんして読み始めたらもう止まりません。十五少年漂流記とは違って大人が不時着するわけですが、キャラクタが多彩でストーリーも楽しく一気読み。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本失踪者

2016/10/27 21:19

お勧めです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

山岳小説であり、良質のミステリーでもある。雪山のシーンは自分が登山しているみたいで高所恐怖症の私には怖いほどの描写。しかし私も主人公のような友が欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本おとめの流儀。

2016/02/14 07:01

青洲小説は楽しい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

なぎなたという今では珍しい武道ですが、中学校でそのクラブがあるのも珍しい。案の定存続の危機、入部の勧誘から始まるというのは、最近ほかの小説でも読んだ気がする。しかし、どうにか部員が集まってからの展開は読んでいてとても楽しい。特に私はゆきちゃんがとても魅力的だったな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

楽しく読めた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

魅力的な女性機長に、ちょっとなあという新人パイロット。この設定でだいたい話の展開がわかろうというものですが、ある意味憧れの世界でもあるだけに、読んでいて楽しかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本カレンダー・ガール

2017/02/27 20:28

懐かしいな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新井素子さんのこのシリーズはコバルト文庫で読んでいるけど、単行本で読んでみると、こんなに長かったのと思う。あっという間に読み終わってしまうけど。新作の短編もあってお得です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マラソンに参加しよう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

走るなんて疲れるからいやだ、と思うけど、ふとしたことから東京マラソンを応援することに。気が付いたら選手を応援するだけでなく、自分も走り出していた。
私は足が悪いので歩くことすらままならないが、こんな感じでは知れたらいいだろうなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本失われた地図

2017/03/22 18:41

直木賞おめでとう

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

直木賞受賞大一作ということですが、はじめは何がテーマなのかよくわからないままに読み進めなくてはいけないのが、ちょっとつらい。読み終わっても何か心の中にもやもやが乗ってしまった気がする。それがいいんですよね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ぼくのとなりにきみ

2017/03/22 18:37

楽しく読めた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中学一年生が主人公ということで、はじめはちょっと違和感もあったけれど、物語にのめりこんでみれば少しいい話でもあります。都合がいいのはおいておいて。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ショートショート列車

2017/02/27 20:24

簡単に全国旅しよう

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一都道府県一編のショートショート。楽しんで読んでいるうちにいつの間にか国内一周しています。あの県といえばあの話題‥だけではありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本E高生の奇妙な日常

2016/10/27 21:22

読みやすいです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ショートショート集。星新一の作品もそうだが、読むとおもしろいし、これなら自分でも駆けそうとも思えるのだが、それが実はとんでもない。そこが作家の実力ですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本まく子

2016/04/20 21:06

不思議な小説

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

全般から中盤まではこどもが主人公の普通の小説かと思い、読み進めたが、終盤にきて、三島由紀夫の「美しい星」を思わせる展開。うーむ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本秋霜

2016/06/26 20:07

生き方を教えてくれる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いろんな作家の本を読むけど、葉室さんの小説は人はいかに生きるべきかを教えてくれ、武士としてというか、日本人はかくあるべきということを現代人に示してくれていて、共感できます。最近日本はもちろん、世界中にポピュリズムが蔓延しているけれど、それじゃいかん。小説の中にそんなことが書かれているわけじゃないけど、人は矜持をもつていなくては。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

13 件中 1 件~ 13 件を表示