サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ttzaさんのレビュー一覧

ttzaさんのレビュー一覧

投稿者:ttza

2 件中 1 件~ 2 件を表示

単語のイメージを捉える

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私は去年仏検4級に合格し、現在3級の勉強をしてます。
4級まではそれほど単語力はなくても済むのですが、3級ではそうはいきません。そこで本書を購入しました。
外国語の単語を学習する時、単語を数多く覚えればいいというものではありません。
むしろavoir やfaireのような基本単語を、中心的な語義とそのイメージの広がりとともに覚えることが重要です。どんな言語でもそうですが、基本単語は長い間使われてきたため、複数の意味を持っています。そのため、逆に簡単そうな単語ほど難しいのです。
例えばprendreを辞書で引くと、22個の訳が載っています。当たり前ですが、それらを全て覚える必要はありません。本書で解説しているように、「取る」と「つかむ」という二つの語義を押さえておけば、それ以外の意味はイメージの広がりで捉えることができるのです。
「ものを手に取ることから、戦争などで街を占領する」という意味に、「取ることは方向や手段を選び取る意味へ広がり、ある方向に進むこと、ある交通手段を選ぶ、乗り物に乗ることも表現します」。
本書は動詞だけではなく、似たような意味を持つ名詞や形容詞などを、違いを明確にして説明しています。
本書は「読める単語学習書」であるため、私はいつでも手元に置いて空き時間に読むようにしています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本フランス語動詞活用ドリル

2016/02/15 12:08

動詞の活用を声で覚える

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

フランス語は日本語と違って文字と音が一致しません。文字から先に覚えると、間違った発音で覚える恐れがあります。そこでまず、CDで動詞の活用を音で覚えたいと思いました。
探してみると意外と本書のような本は少ないのです。
直説法現在、命令形、半過去形、未来形、条件法、現在分詞、過去分詞、複合時制、接続法、代名動詞。
CDでは、それぞれの活用について基本単語の主語に対応した活用形を読みあげてくれます。
本書の主眼はタイトルにドリルとあるように、とにかく書いて覚えることなのですが、自分はむしろ書く前に聞いて覚える為に利用しています。それだけでも十分利用価値があると思います。音を覚えた上で、発音しながら文字を書いて覚えるのがいいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示